<< 読書日記3月1回目 鉄塔 >>

いちばん、心が充たされること

一番シアワセに思うのは何をしているときだろう?
好きなものを食べて、それが素晴らしく美味しかったとき?
友人とおしゃべりして、笑い転げているとき?
本を読んだり、映画・連続ドラマを見て、ハラハラドキドキワクワクしてるとき?
自分で育てた野菜がすくすく育っているとき?
大事に思っている花が咲いたとき?
う〜ん、確かに、たねをまいたものが土の中から顔を出したときは心が躍ります。

けど、どれもしっくり来なかったのです。私の一番好きなことって、ときめくときって?
f0131628_219155.jpg
新しい絵本シリーズには、アクリル絵の具が合うのではと、ずるずる棚の奥から引っ張りだしてきました。
もう固まって使えないものも多々あり、思い返してみれば、大学生の頃以来?いやいや30代に仕事で描いてる。じゃ、20年前?あ、葉山芸術祭に出品したこともあったっけ。てことは、10年くらい前?いや、もっと前かも…くらいおぼろげな記憶で、新しく絵の具や筆、紙パレットを新調しました。

そして、今日、気付いたのです。
この色の上に、この色をのせたらどうなるだろうと試してみると、思いがけず美しく出るとき、こんなに嬉しいことはない!震えが来るほど、脳内にシアワセな気持ちが充ちてくる。
あ、大した事じゃないんですよ。小さな部分で、他人が見たら気付かないかも知れないほどの。

病気で倒れてから、気持ちが自由になりました。だって、もしかしたら死んでたのかも知れないんですもの、そしたら、何を描いても自由でしょ〜?と思えるのです。
細かいものを描くのは辞めて、はみ出し、ムラは気にしない〜って。
今まで線画で描いて来て、そのまま同じことを続ければラクなのに、なんで新たなこと始めるかね〜苦労したり悩んだりするのにね〜。
アメフラ氏は「ストレスになってない?」と心配していますがね。
そんなことはありません。このときが一番シアワセなのですから。
出来るなら、時間にゆとりがほしいところですが。
菜園の世話、草取りとか肥料やりもしたいし、犬にも時間をかけたい。味噌も作りたい。
結構というか、かなり缶詰状態なのです。ま、花粉が飛んでるから、どのみち外には出られないですけどね。
[PR]
by umiusagin | 2010-03-09 21:08 | 絵を描くということ | Comments(4)
Commented by あらた at 2010-03-12 09:59 x
病気で失った物もあるけど、得た物を大事にしていきたいよね。
倒れても(今の所)絵を描く事はできるんだから。
Commented by umiusagin at 2010-03-12 16:45
そうそう、問題なく描けるのだから良かったと思わなくちゃね。
視力が急激に落ちて来て、どんどんメガネを新調しなきゃならないんだけど、
メガネかければ見えるんだから、と思って。
Commented by あらた at 2010-03-13 14:36 x
僕は出血の影響で硝子体(めんたま)の中に出血して、一年ぐらい何も見えなかったから。今は運良く周りが吸収してくれて見える様になったけど、高橋さんの歳じゃあ多分無理だったから。
Commented by umiusagin at 2010-03-13 16:54
そう、私の歳じゃあ無理なのね。
よかったですね。若くて。運良く見えるようになって。
<< 読書日記3月1回目 鉄塔 >>