<< 全農エプロン誌、5月号は「ナス」です 冊子「こんな子いるよね」 >>

また倒れちゃうかも?

f0131628_23533415.jpg昨日、一ヶ月の検診で病院へ行きました。
血圧手帳を見せながら、「170(上)というのは、雨戸を開けたら高くなっちゃって。いつもはその前に測るのですが」と私。
「動脈硬化だと、ちょっと動くと高くなるんですよね。コドモなんて走り回っても血圧は変わりませんよ。
だからって、じっとしているわけにもいかないんだから、普通に生活するしかないですね」と医師。
そうね、それほど不自由じゃないのだから、何もしないわけにはいかないもの。
「進むと、どうなるんですか?」
「動脈硬化は、血管が硬くなるけれど、強くなるわけじゃなく、むしろモロくなっていきます。
破ければ脳出血、血管が硬くなって壁がはがれれば脳梗塞。そうならないために降圧剤を飲んでいるわけですから」
そっか。まだまだ倒れる可能性は高くて、安心していられないんですよね。わかっているんだけど、日頃は意識しないようにして過ごしています。そうじゃないと生きていけないもの。
誰だって、明日はわからない。それが少しわかっているだけのこと。でも…。

今日、同い年のイラストレーター、沢田としきさんの訃報、友人を介してですが何度かお目に掛かったことがあり、ショックでした。
(その友人も既に他界。私より2歳上なだけなのに)
ブログを見ると、発症してからちょうど1年。速いです。

生きるってなんでしょう。
なんのために生き、何か残せる?
そもそも残すことに意味がある?
楽しく、笑い、後悔のないように過ごす、後悔って?
もう、これ以上、人に迷惑だけは掛けたくない。
ちょっと、落ち込んでしまいました。
[PR]
by umiusagin | 2010-04-29 23:47 | 病気のこと(小脳出血) | Comments(2)
Commented at 2010-05-09 15:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by umiusagin at 2010-05-14 11:31
ありがとうございました。うるうる。
お言葉、しみじみ心にしみいりました。

「迷惑」というのは、毎日片道1時間かけての病院通いや、退院してから毎日の食事作り、洗濯という物理的なことで、精神面じゃないんです。
お掃除や皿洗いも、頼んで来てもらっていましたが、簡単な床掃除すら出来ない自分が情けなかった。だから、出来るようになってからは、しゅっちゅう床掃除をしてました。

出来ないもどかしさについて、よくわかりました。それでも、それすら出来ない自分に戻りたくない、と強く思うのです。
<< 全農エプロン誌、5月号は「ナス」です 冊子「こんな子いるよね」 >>