<< わんこを連れて獣医さんへ1 全農エプロン誌、7月は芽キャベツ >>

わんこ、具合が悪くて

f0131628_2124216.jpg昨日、朝雨戸を開けると、おとなしいではありませんか!
いつもなら室内に飛び込んで、くしゃんくしゃんクシャミをして、飛び回ってはしゃぐのに、何故?
鼻を触ると乾いていて、一昨日からそうでした。
イヌの鼻が乾くのは良くないですよね。どうしよう。

ずっと暑そうで、それもそのはず、このクソ暑い時に毛皮を着ているわけだからと、先週短くカットしたのですが、急な温度変化がいけなかったのか。
エアコンの部屋に入れた方がいいといわれたけれど、除湿では鼻も乾く?温度低すぎ?
それとも、胃が冷えて致命的なのか。というのも、ごはんの解凍を忘れていて、中々解けないから半分は凍ったままであげ、イヌは噛み砕いてぺろりだったけど、それが原因かも。
或いは、単に歳で、寿命なのか。
状況がはっきりしてないのに、獣医にいっても説明がつかない。
明日私の治療で上京する予定だったけれど、辞めようか、このまま置いて出掛けられない。。
隣の畑の女性に相談しながら、涙がぽろぽろこぼれてしまいました。

その女性もイヌを見ながら、
「尻尾が垂れ下がってるね。具合悪いんだな。風邪かねえ。
エアコンに入れたのも、冷たいものを食べさせたのもよくなかったかも」と。
けれど「あまり心配しない方がいい」と諭され、結局今日出掛けました。
イヌは、大好きな煮干しも、ガムも残していたから、相当悪いんだろうと思いながら。
とんぼ返りで戻ると、まだ明るく、散歩に連れて行きました。
だって、もう何度一緒に行けるかわからないもの。

山道を歩きながら、ポール・ボウルスが映画『シェルタリング・スカイ』(1990年公開)の中で、
「人はあと何回満月をみることだろう。…何回でもない」
のように呟いたことが浮かびました。
その頃、私は若かったので、
「えっ、なんで?先月も見たし、来月も再来月も見るかも知れないじゃない。
てことは、あと何十回も見るんじゃない?」
と思ったけれど、今の歳なら、病気後ならよくわかります。

畑の中央の道を歩きながら、除草剤で草が枯れ色になっているところを見て、ふと以前近所の女性が言っていたことを思い出しました。
「除草剤は厄介なんだ。まいてすぐにはわからない。草が枯れてくれば、すぐわかるけどな。
イヌは草むらに顔を突っ込みたがるし、そうやって吸い込んじゃうと、目は白くなるし、ぐったりして、そりゃあ可哀想なんだよ」
これだ!きっと除草剤を吸い込んだんだ!
目は白濁しなかったけれど、今、夏草が茂る時だから、あちこちでまかれています。そのせいかも。
それと暑いのとでやられているのでしょう。
人間だって暑さに参っているのだから、イヌだって平気なはずはないもの。
様子を見て、良くならなかったら、獣医さんのところに連れて行くことにします。

田舎って空気が綺麗なようだけど、農薬をまかれるし、ビニールを焼いてケミイなニオイが流れてくる。
窓を開け放していれば、畑の土で家中ざらざらになっちゃうから、閉め切ってエアコンにしたり。
景色はいいんだけどねえ。
[PR]
by umiusagin | 2010-07-06 21:52 | わんこ | Comments(2)
Commented by かすかわ at 2010-07-08 13:39 x
うーん、心配ですね。やっぱり暑さかなぁ
ぴぴこさんも炎天下に散歩させると履いたり下痢したりしますからねー
ご飯食べ始めたら大丈夫だと思うんだけど。
Commented by umiusagin at 2010-07-08 21:57
それが、昨日の朝、全然食べられなくなっちゃって、
も〜、焦りまくりの大パニック!!
煮干しもガムもサイドメニューで、玄米ごはん&生肉が
主食なんですよ。
それを、ひとくち食べて辞めちゃったの!!
で、どうしたかって、今からアップします〜

かすかーさん、ご心配かけます〜
遊びに来てね〜イヌ連れで大丈夫だから。
<< わんこを連れて獣医さんへ1 全農エプロン誌、7月は芽キャベツ >>