<< マットを敷き詰めました よそんちのわんこと遊んだんだよ >>

2度目の遠距離ドライブ

f0131628_0483648.jpg咳が余りにも酷く、もう発症してから2週間も経ちます。
昨日、友人の前で激しく咳き込み、「これはおかしい。放っておくと肺炎になるよ。医者に行った方がいい」といわれ。
もしや他の病気があるかも、取り敢えず、東京の治療院で診てもらい、その後医者に行くか考えようと、車で連れて行ってもらいました。モチロンイヌ連れです。

イヌは、前回05/02も東京の治療院まで行ったのですが、今回も慣れなくて、ハアハアして大変。
まあ、吐くほどにはならないのですが。というか、消化してから乗っているので、吐くものもありませんけど。

治療院では「まだ風邪が残っている。肺炎の前に気管支炎になるよ」といわれ。
この2日後から喉の異物感がなくなり、3日後には酷い咳き込みはなくなりました。よかった。(アメフラ氏は5/19も咳き込んでいる)

f0131628_0484864.jpg写真は、どちらも帰り道。
イヌは、帰る時なぜかスッキリしているのです。何処へ行っても。

この写真のあと、ペットクリニックに寄り(通り道なので)、狂犬病注射をしました。
前回ワクチン接種の時、お尻にチクッと針が刺さったら、キャン!と鳴いて、動いたのです。
今回は気づかなかったみたい。それ、鈍すぎじゃない?

フィラリアのチュアブル、フロントラインも購入。
もう慣れたとはいえ、イヌは保険がきかないから高いですねえ。

翌5/14、狂犬病注射の証明書を持って、市役所に提出。犬シールと鑑札をもらい、晴れて登録となりました。
それまでは、どこにも所属していない宙に浮いた状態、この世のどこにもいない幽霊のようで。
3月の段階で役所に電話したら、そう言われたから正しいのですよ。
狂犬病注射をうたないと認められない、というのもなんだか変だと思うけど。
[PR]
by umiusagin | 2013-05-13 19:00 | わんこ | Comments(0)
<< マットを敷き詰めました よそんちのわんこと遊んだんだよ >>