<< リードを噛みちぎるなんて! 久しぶりの帽子編み >>

うみかぜ公園

f0131628_11141314.jpg横須賀 うみかぜ公園に行きました。
此処へ来たのではなく、隣のLIVINに行く間、此処で待っててもらったわけで。

此処は横須賀市民、憩いの場。
比較的広大な敷地に、変わった建築物が林立しています。

でもって、今日は横須賀市長選挙の日でした(結果は、現市長 吉田雄人氏続投に。9条の会の岸牧子さんも頑張ったんですけれどね〜自民党推薦が敗退し、進次郎無念の涙ですと。土地柄的に、絶対自民推薦が勝つと思っていました。ちょっと希望の光?)。

f0131628_11143357.jpg日曜だから家族連れで賑わい、子どもたちは大はしゃぎ。
ベースが近いから、外人さん家族も結構いて、異国情緒あり?!
バーベキューをしている広々とした原っぱもありました。みんなグループで来ていて、楽しそう。

じつは、前のイヌが死ぬ前日(まさか翌日死ぬとは考えてもみなかった)、初めて訪れた公園。
ペットクリニックの検査結果待ちで、時間をつぶしに来たのです。
アメフラ氏は近くのホームセンターに行き、私はベンチに腰掛け、イヌと二人で待っていました。

周囲の人から「ドライ」と評されていたイヌ、べたべたしないのは途中から来たせいか、このイヌの性質かと思っていました。
それが、「ひざに座ってもいいですか?」という態度をして、あれ珍しいなあと、抱き上げました。

f0131628_11144279.jpgイヌはひざの上で丸くなり、晩秋の空気は暑くもなく寒くもなく、ちょうどいい具合。
日だまりの中で、気持が溶け合っていく気がしました。

時々、その情景を思い出していました。
実際に来てみると、その思い出が具体的になりました。
新しいイヌが来ても、前のイヌへの思慕は変わらなかった。
いや、むしろ時間が経つほど恋しくなります。
だからって、生き返ってほしいとか、もう一度だけあの毛に触りたいとは思わない。切ないだけです。

湿っぽい話になってごめんなさい。
今は、新しいイヌが私に向って、全速力で駆けて来てくれます。
その気持を、今を、大事にしなくちゃね。



f0131628_11581528.jpg

[PR]
by umiusagin | 2013-06-30 16:00 | わんこ | Comments(0)
<< リードを噛みちぎるなんて! 久しぶりの帽子編み >>