<< 辞書にないことば 川の向こうへ、飛び石飛んで〜 >>

山の神さま

f0131628_010417.jpg御滝不動の帰り、夕刻、
うちの近くの「山の神さま」に
お参りに行きました。

ほら、影が長いでしょ?
日が暮れる前って感じ。

広い岩盤の上に立っていて、
アメフラ氏「今読んでいる本に、
こういう磐座のことが書いてあるんだ」
「古代、宇宙と交信するために、
此処に大きな岩盤を置いたんだ」
ふ〜ん。

山の中腹の、なにげないところ、
手入れしている風でもなく、
モチロン祭事もなし、
神主さんもいない、
お賽銭箱、あったかなあ。
でも、そこだけ、すがすがしい空気、
気配に充ちています。

f0131628_0103144.jpg









左の写真のような小道、好き。
向こうの光の中には、しあわせがある、みたいな。
此処では、畑があるだけなことは知っているんですけれどね〜。
たぶんね。異次元ワールドが広がっているなら別ですが。
[PR]
by umiusagin | 2013-07-07 16:40 | わんこ | Comments(0)
<< 辞書にないことば 川の向こうへ、飛び石飛んで〜 >>