<< ミシンが動き、再びわんこ服〜 小さくても、ジャックは負けないよん! >>

10/31は先代犬ティピ(日本スピッツ)の一周忌

早朝、夢の中の出来事。
白い引き戸の向こう側で、わんこが尻尾をパタパタ振る音がする。
私は「ティピさん、ティピさん」と声をかける。
引き戸は半分あいている。中は真っ暗。
開ければ姿が見える、と何度も思いながら、開けられない。
「向こうは黄泉の国だから。イヌの形をしてないかも知れない」と思ってしまうのです。

目が覚めて、「とても喜んでいた。うれしそうだった。ティピさんが帰ってきていた」と思いました。
f0131628_23292436.jpg
庭の片隅に埋めてから、ほぼ毎朝、行っていました。
一日も忘れたことはありません。
墓標の文字がここ一週間で急に薄れてきて、雨のせいかと思い、書き直すつもりでした。
でも違うのかも。少しずつ忘れていった方がいい、と言っているのかもしれません。

誰も引き取り手がいないから保健所にやるしかない、と聞かされ、引き取ることにしたのが4年半前。
病死された飼い主と面識はないし、犬種もわからない。でも、私を芯から動かすものがあって。
まだ病後で外運動が出来なかった私、室内バイクをこぎながら考えて考えて、一日で決めました。
どんなイヌでもいい、うちで育てよう、と。
今、考えると、運命だったんですね。

うちに来た時は、すでに8才半でした。
一緒に過ごしたのは3年半。最後の1年は毛が抜け落ち、血液検査の結果「甲状腺機能低下」という病気。
朝晩薬を飲ませ、外イヌにしていたのを、寝るまでは室内に入れ、毛が抜けたら服を着せた方がいいと聞き、そうしました。出来ることはなんでもしてやりました。
最後の前年は、ペットも泊まれるホテルに2回行きました。長野県真田村と田貫湖。楽しかった。

大体、寿命だったと思います。だから仕方なかった。でも、それじゃあ割り切れなかったのです。
悲しくて悲しくて。毎日泣きました。大泣きしました。
抜けがら状態がつづきました。

二度とイヌを飼わないとは思わなかった。
けれど、新しく飼うのに踏み出せなかった。
それはティピさんに義理立てしたわけでもなく、何処か、なにもかもどうでもいいという心境で。

f0131628_23285736.jpgそんな時、春ぼたんのお父さん(育ての親)に会いました。
「前の子が、新しい子を連れて来るんですよ」
そう言われて、のちもずっと、今でも、その言葉を反芻しています。

春ぼたんには、いつもこう言っています。
「世界で2番目にカワイイわんこだよ。
 1番目はティピさんだからね」

思い出をありがとう、ティピさん。
いつも、いつまでも、一緒だよ。ね?

今日は、きれいな夕焼けでした。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by umiusagin | 2013-11-01 00:47 | わんこ | Comments(5)
Commented by シエラ at 2013-11-01 15:30 x
ティピさんの一周忌だったんですね…
つらい日々だったことでしょう。

私も昨年の夏、実家で飼っていた犬が行方不明になり
それきりとなってしまいました。
でも15歳の老犬だったので、寿命と言われればそれまでなんですけど、その後数ヶ月は今思い出してもどんな風に生活していたのか
思い出せないほど、朦朧と生きていたような気がします。
ちょうどそれがノエルさんを迎えて2ヶ月くらい(7ヶ月のとき)、
とても手のかかる時期と重なり、うまくいかないことだらけ・・。
本当にドン底の日々でした。
なので、海うさぎさんのお気持ちも少しばかり分かります。
でも、ティピさん、きっと幸せだったと思います。
こんなに愛してもらえたんですからね。
いつまでも見守っていてくれると思いますよ☆
Commented by kuratama3 at 2013-11-01 22:14 x
こんばんわ。お久しぶりです!

実は今日、お昼の休憩時間にタイトルを見た瞬間、目頭が…
1行目で涙腺が…やばい今読めない。という状況でしたよ。

私も子供の頃からずっと犬がいる生活でしたが、今思うと、とてもひどい飼い主でした。もう何十年も前の話になるんですけどね…
私が帰ってくるとすごく喜んでくれるのに、私は自分の気の向いた時だけ可愛がる。ろくに散歩にも連れてっていってあげなかった。今思い出すと本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
今更後悔しても、もう何もしてあげれないんですけどね。

今は、旅立った仔達の分まで、クラの事大事にしています。
それがあの仔達へのつぐないになるのかな…なんて自分勝手な事を思ったりもしています。

ティビちゃんは今でも世界で一番かわいいって言ってくれる海ほたるさんがいて、幸せなワンコだね!きっと側でずっと微笑んでくれてると思います!

なんだか久しぶりのコメントなのに、自分の事ばっかりですいませんでした…
Commented by umiusagin at 2013-11-02 23:23
シエラさん、
最後は行方不明というのは、やりきれないですね。
どこでどうしているのか、ちゃんと雨風しのげているのか、
食べているのか、考えるだけで、胸が締め付けられます。

慰めを言うつもりはありませんが、
以前、隣家のイヌ(ゴル)が行方不明になり、毎日毎日飼い主夫婦は
探し続けました。朝も晩も。
もうすっかり諦めた頃、なんと家のすぐ近くの薮にいたんです。
リードが絡まって動けなくなり、うずくまっていました。
奇跡ということがあるんだ、と思いました。

人智を超えたことも起こりうると思います。
Commented by umiusagin at 2013-11-02 23:30
kuratama3さん、
泣かせちゃって、ごめんなさいね。
そして、ありがとうございます。

子どもの頃のことは誰しもそうですよ。
学校や遊び、世界は広く、誘惑がたくさんあったんだもの。
結局は親が面倒をみることになって。親になついて。
そんなもんです。

今日またアリッサムを3鉢買いました。
お墓に植えようと思って。
Commented by umiusagin at 2013-11-02 23:31
シエラさんに「ありがとうございました」というのを
忘れました。
<< ミシンが動き、再びわんこ服〜 小さくても、ジャックは負けないよん! >>