<< りもの腹水 「ちくちくジャック」つくりはじ... >>

おりそでおりれない、階段の下

春ぼたんが寝ているのは、仕事部屋に置いてある椅子の上。
りもは入れないのです。1秒だって落ち着かずに、走り回るから。
こんな階段、簡単におりれるのに、春ぼたんに「イヌのオキテ」を教えられているからか、できないんです。
だから、いつもこんな風に、階段の上で、つまんなそうに見ているだけ…
f0131628_2148989.jpg
のハズだったのに、この写真を撮って、この記事を書こうと思ったら、
ぬわんと!春ぼたんの椅子に乗ってくるではありませんか!!
ええっ、うそっ! 階段おりれたの? 5カ月もできなかったのに? 今日になってなぜ?
春ぼたん、ガウガウとうなり、りもに向かって行きますが、りもはどこ吹く風。
ひえーっ、入れないようにゲート買わなくちゃ! 思わぬ出費!
段ボールで応急措置をしましたが、ずっとそれだと、私がつまずいて危ないから。

f0131628_21481989.jpgさて、この写真を撮ったあと、雨の中ペットクリニックへ。
というのも、オシッコにほんの僅かですが血が付くのです。毎回。(トイレシートを使えるようになったから、わかったことなんです。今までのように新聞紙じゃわかんなかった)
それだけならともかく、傷痕のところが、ぽっこり大きく膨らんでいるのですよ。最初は、ごはんを食べて胃が膨らんでるのかな、と思いましたが、そうじゃないみたい。

昨夜ペットクリニックに電話したら、「一度見せてください。オシッコを持ってきて」といわれ。
仕事が忙しいのに、帰ったら徹夜だよ、とぶつくさ言うアメフラ氏、片道1時間は遠いから、ごねますよね〜。

f0131628_21484142.jpg猫ちゃんの緊急手術が入り、1時間くらい待ち、やっと診察。

持参したオシッコを見て、「膀胱炎ではありませんね」と。ほっ。

腹水は手術後、こうなる子もいる、と注射器で抜き取り。
嫌がって暴れるりもを、アメフラ氏と私の二人掛かりで押さえ。
もう、ホントにバカ力なんだから!
また腹水がたまるかもしれないから、二日後に抜き取りましょう、と。(アメフラ氏が金曜までは超多忙で来れない、というので、土曜になり)

血が出るのは、手術時、子宮頸管を結んだ糸が膀胱を刺激するから、だそうで。もう手術した所がついているだろうから、糸を外します、といわれ。つまり、また手術。ひえーーっ!
本人(犬?)は、すこぶる元気で走り回り、食欲も旺盛なんですけどね。とはいえ、このままにしておくと、慢性膀胱炎になる、と。

今日は抗生物質をもらいました。
次回の手術まで、すべて手術代(¥18,000)に含まれているから、と。それじゃあ、先生損してませんか?

去年、春ぼたんの術後は何もなかったので、個体差ですね〜。ふう。いろいろありますね〜。

にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by umiusagin | 2014-06-11 22:25 | わんこ | Comments(4)
Commented by lucy-the-dog at 2014-06-12 09:15
umiusaginさんのコメントを見て、びっくりしました。
りもちゃんの抜糸、無事に終わって
症状が改善するといいですね。
Commented by 凛ママです! at 2014-06-12 12:20 x
ええええ!!!又お腹開くのですか??
避妊手術をして もう一度お腹開くのは、
聞いたことがありません。( ̄◇ ̄;)
ビックリしました。
中の糸???今は、溶けるタイプじゃーないのですか??
よく わかりませんが 全身麻酔をして
もう一度お腹開くのは、かわいそうですね( ; ; )
Commented by umiusagin at 2014-06-12 21:35
lucy-the-dogさま
凛ママさま

ご心配おかけしています。もう終わったと思ったのにねぇ。

私も、「カラダの中で溶ける糸じゃないんですか?」 
と聞きましたよー。
その糸は、ベッドの上で安静にできる人間には使えても、
動きが多いイヌには、切れやすく、使えないそうです。

糸を3本出して、
従来のシルクの糸。今は使われてないです。数年経って
腫瘍ができる子も。うちで6年後に出た子がいます。
今回の糸。人工の糸。つんつんするけれど結びやすい。
このつんつんが膀胱を刺激して、今回出血したのでは?
紺色の糸。人工の糸。つんつんしていない。けれど
結びにくい。(あとは忘れました)

もう一回開腹手術というのは、私も可哀想だと思いました。
でも放っておくと慢性膀胱炎に。それも困る。先の手術に
くらべ、糸を取るだけだから大変な手術ではないとのこと。
土曜に、腹水の溜まり具合を見て、手術のことは決める
そうです。

Commented by umiusagin at 2014-06-12 21:36
つづき

りもの手術は、初めから問題多しですね。
100人に1人、1000人に1人、或いは10,000人に1人
の確率で、といわれるヤツかなあ、と思いました。

私も1年くらい前かなあ。担当医師に検査入院を勧められて、
ネットで調べたら、検査液で脳梗塞になるリスクがあると
書いてあるじゃないですか!
どこも具合悪くないのに、検査して脳梗塞だなんて!
医師にその話をして、「だから辞めます」というと、
そうなる確率は100人に1人くらいだから心配ない、と。
じぶんがその100人に1人になる可能性もあるでしょ?
それに100人に1人って多くないですか?
などと考えてしまいました。
<< りもの腹水 「ちくちくジャック」つくりはじ... >>