<< うひーっ、足場悪ーーーっ!! ぽかぽか陽気だったから、うちの... >>

うちのシェブロンビーズたち

f0131628_22511141.jpg
f0131628_22521385.jpgどれもシェブロンビーズという括りですが、いろいろあります。
横から見て美しいギザギザ模様が特徴。素晴らしく美しいので、横から見えるよう、隣は小さいビーズにしたいですね。

左のカラフルな上下3個は、いわゆる、ふつうのシェブロンビーズ。
「シェブロン」とはロゼッタRosetta(薔薇)とも呼ばれ、大根やら雑草の葉のつき方もロゼッタと呼ばれるんですよ。
サイズ、穴の大きさが違います。一連でなく、mixで購入したので、種類がバラバラです。

上段右の青緑色は「カンネ」いって、シェブロンとは違うそうです。
なんでかというと、横から見た時に、特徴的なギザギザ模様がないのです。
なるほどね〜。ふ〜ん。
通称スイカシェブロン。「Aqua Stripe Watermelon Chevron Beads」海の青の、それはそれは美しいビーズです。

一番右の藍色のは、アンティークのシェブロンビーズ。「Antique Blue Elongated Chevron Beads」
青いストライプって気に入っていたのですが、海岸で拾う和食器のカケラみたいなんですよ。シュン。
そんなに和風のイメージなのかなあ。。
藍色の色合いが、同じなんですよ。

じつをいうと、アンティークな和食器、大好きなんです。
f0131628_2252233.jpgうちでは半分はそれ。
20〜30代の時に買ったから、それだけでもビンテージもの(笑)なのですが、その時すでに、大正、昭和初期といわれていましたから、れっきとしたアンティーク!(ウレシイようなウレシクないような)
だから、「あの青いの取ってよ」
「どれのこと?みんな青いじゃない」
って会話がしょっちゅうなんです(苦笑)。

写真はありませんが、次に、このアンティークビーズを中央にしてみたら、コットンのような、シンプルな美しさでした。大正解!
派手派手ピカピカより、侘び寂びっぽい、風化したような、サラッとした美しさが好きなんです。

2枚目の写真のネックレス、これは試作なのですが、先に右の「四つ編み」をしてみたら、ごつい、昔っぽい、フォークロアな感じ。
きつきつでなく、ゆるく編んでも、やっぱりイメージが違う!

3枚目の写真が、その四つ編みのアップです。
色のせいかなあ。
繊細な感じにならないんです。
元々がレザーコード(革ひも)でごついから、避けたいところ。

そこで、2枚目の写真左は「ムーンライトシャワー」のように、1mmのレザーコードを数本ばらして使ったらどうかな、と、試したところ。
引っ掛からないように、ばらけないように留めが必要ですね。

4本でなく、3本で作ったらどうかな、
下の青いビーズの部分をもう少し広くしてはどうかな、
とか、いろいろ考え中です。


にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズアクセサリーへ
にほんブログ村

ネットショップ「海うさぎのタイドプール」。イラストをクリックしてみてくださいね〜
f0131628_23523497.jpg
今日の「海うさぎのタイドプール通信」

和風のショール留めをビーズで作って、というオーダーが入りました!!ひゃ〜、うれしーーっ!!
…なのですが、「ショール留め」という存在を考えたこともないっ。。ネットでいろいろ調べ中(今頃?)。

大きめのトルコ石を中央に置いたらどうかな?
トルコ石の穴は小さいので、レザーコードは入らない。
ワイヤー、テグス、糸って感じ。
淡水パールを合わせたら?ちっさいトルコ石と。
いろいろアイディアが浮かびます。
[PR]
by umiusagin | 2015-01-27 23:48 | アクセサリ作り | Comments(0)
<< うひーっ、足場悪ーーーっ!! ぽかぽか陽気だったから、うちの... >>