<< 読書日記3月1回目 これ誰?カブ? >>

これが溶岩窯です!

f0131628_2334285.jpg目の前が海という絶好のロケーションのパン屋さんです。
1月にオープンしたそうで、あるのは知っていたけれど、えりりんさんが写真入りで紹介されていて、友人にも聞かれて、こりゃあ行かなきゃ!と思ったのです。
京急津久井浜駅から海を目指して歩いて、そうだなあ、5〜6分だと思います。

「溶岩窯で焼くパンは、プツプツとあいた気泡により普通のオーブンとは一味違います。特に、直接床で焼くハード系はボリュームがあってパリパリに焼き上がります!」なのだそうです。
この「溶岩窯」というものには、惹かれるものがありますよね。

今日は天気がよい日曜日だからか、人も車も多くて、夕方行った時にはリュスティックとかドイツパンなど売り切れでした。
カレーパン、メロンパンはふつうかな。明日バケットを食べてみます〜
[PR]
by umiusagin | 2008-03-09 23:16 | パン焼きの日々 | Comments(20)
Commented by かなぞ。 at 2008-03-10 10:21 x
…あ。
このオーブンのメイカーに見学にいったことがある…。
そうだよな、あれだよな、うむ(ぶつぶつ)。
Commented by エリリン at 2008-03-10 13:06 x
ブロートバウム行ったんですね!溶岩釜焼きパンの説明まで聞いてくるとはさすがにゆいこさん! だからバゲットなどのパンは外パリっの中ふっくらなんですねえ。ちなみに私たちはリュスティックを手でちぎりながら食べるのが大好きです!
Commented by umiusagin at 2008-03-10 23:06
>かなぞさん

こんなでかいのは家に置けないと思います!
小さいのもあるのかな〜

>エリリンさん

聞いてないですよぉ〜貼ってあったんだけど覚えられなくて、調べたんですよぉ〜
私が店の人に言ったのは「写真を撮っていいですか?」だけですよ〜あ、パン屋ではない(スパイじゃない)とも言ったっけ。

バケット、まわりがパリッとしていて美味しかったです。
Commented by かなぞ。 at 2008-03-11 06:17 x
小さいのはありませーん。
この会社の工場みたいなところでやった講習会に参加しただけでーす。


ちなみに↓
http://www.kusizawa.com/index.html
最近オープンしたお店のところにでてました。
http://www.kusizawa.com/open/open.html
Commented by umiusagin at 2008-03-11 11:35
随分朝早くから起きてるのねえ。という私も、朝これを見て、ご紹介サイト見ちゃった(笑)
三浦にもう1軒オープンしたのを見て、早速行こうと思いました。図書館に近いから便利。
Commented by かなぞ。 at 2008-03-11 13:40 x
早起きなんだよねー。
分でもカンシンするときがある(苦笑)。

近所のパン屋さん、おいしいといいねー。
Commented by umiusagin at 2008-03-11 13:58
おいしいものは東京へ、という感じですね。この辺はちょいやわらかめ。

私「プンパニッケル」が大好物なんですが、ホームベーカリーで焼けるのかな。ライ麦粉でしょ。同じイーストかなあ。知ってる?
あとで調べてみよう。
Commented by かなぞ。 at 2008-03-11 18:34 x
プンパニッケルって黒いやつだよね。ライ麦が多くて。
あれは、いわゆるイーストじゃなくてザワーダイク(ライ麦粉から起こしたサワー種)使うんでなかったかな~。
Commented by umiusagin at 2008-03-11 19:16
ぱちぱち。調べたらそうだった。ライ麦から作るんだってさ。
グルテンが少ないから発酵しないとかしにくとか。
ホシノでライ麦粉で、ヨーグルト入れて焼いてみる。
それにはライ麦粉から調達しないと。あ〜、進まないな〜

成城石井で買った「バイオ・プンパニッケル」って、封を切らなければ1年も持つんだってさ。そんなに持つんだね。

かすかわさん、ごめんね〜冷凍もしなくても持つものがあったんだよ〜私がまちがってたよ〜

Commented by かなぞ。 at 2008-03-12 10:06 x
そうそう、グルテンが少ないから、大きくならないの。生地が。
あと、白いパンを作るときみたいに捏ねちゃいけないとかもあったんでないかなー。
Commented by umiusagin at 2008-03-12 11:27
えー、捏ねちゃいけないの!?だとすると機械に向かないか。

ホームベーカリーの取説によると、強力粉260gに対してライ麦粉20gなら使えるんだ。じゃあ、初めはこの分量で焼いてみる。徐々に増やすとかね。
全粒粉だと、強力粉240gに対して全粒粉40g。それでも余り膨らまない、というか失敗ぽい出来なのです。味に問題はないけど。

最近はレーズンとかクルミ、ゴマを入れずにプレーンのまま。
今はグラハム粉を入れてます。
Commented by かすかわ at 2008-03-12 19:10 x
え?お、おれがなにか?
Commented by umiusagin at 2008-03-12 21:00
2月4日に餃子の延長でそんなことを話して、あれから気になってたんです。冷凍のこと。
http://umiusagin.exblog.jp/7410910/
のっこみ つーんより

Commented by かなぞ。 at 2008-03-12 23:57 x
うちにある辻絡みのパン本に配合&工程が出てるのを見てるんだけど、ホームベーカリーじゃ無理だねぇ。。。ポイントは、長時間の蒸し焼きだとな。150度で11時間(以上)とか書いてある。
Commented by umiusagin at 2008-03-13 11:50
ありゃりゃ、調べさせちゃって申し訳ない。
私が読んだところでは「10時間蒸し焼き」でした。結構手間が掛かるのねえ。
前に「黒パン」買ったところでは「ゆでる」とあったような。「ゆでてから焼く」かな。ゆでるなんて、ベーグルと似ている?

ホームベーカリーを使うなら、ライ麦粉入りパンってことですね、あくまでも。プンパニッケルではない。もどきでもない。
Commented by かすかわ at 2008-03-13 14:32 x
あ~あれか。
「悪くなる」ってのは基本的に生物(カビ、虫など)か化学変化
でしょうから、水分を加えない粉の状態ならけっこうもつん
じゃないすか。あとポイントは密閉ですね。酸素をなるべく
供給しなけりゃ酸化も起きないですので。
Commented by umiusagin at 2008-03-13 16:49
「プンパニッケル」はパンなので粉ではないです。「蒸し焼き」。そんなに密閉度も高そうではないんです。

「長年の研究により保存料等の添加物を一切加えずして、独自の滅菌方法により長期のシェルフライフを有しています」
と包装紙にあるから持つんですね。ふ〜ん、長年の研究ね。

「シェルフライフ」ってなんだろう。調べてみよう。
Commented by umiusagin at 2008-03-13 16:52
シェルフライフ=賞味期限だそうです。
製品の日持ち期間、保存可能期間の事、とも。
Commented by かすかわ at 2008-03-13 18:59 x
パンなの?
んなら密閉度が高い以外に考えられないねぇ
理屈としてはレトルトとか缶詰と一緒だと思うがなぁ
でも、長持ちすればエライってもんでもないとおもうけど(笑)
Commented by umiusagin at 2008-03-13 22:02
それが「独自の滅菌方法」なのですよ〜
密閉度も高いのかなあ。アレでねえ。う〜ん。

>でも、長持ちすればエライってもんでもないとおもうけど(笑)

これオカシイ!目からウロコものですよ。
いつも如何にして美味しく長持ちさせるか、ばかり考えているから。
<< 読書日記3月1回目 これ誰?カブ? >>