カテゴリ:パン焼きの日々( 10 )

「パン・オ・ヌフ」は天然酵母のパン屋さん

f0131628_1320563.jpg

f0131628_13201156.jpgモーリス・ユトリロ他たくさんの絵描きさんが描かれたパリの街、両側に道が広がる中央の建物を想起させる、
パン・オ・ヌフ」。
天然酵母のパン屋さんです。

元々は目の前に海が広がる津久井浜で、建築&不動産を手掛ける「コモハウス」さん。
或る日、店がなくなっていて、どうしたものかと案じていたら、こちらに移られたようで。
しかし中々オープンせず、内装に凝られているんだろうなあと思ったり。

まさか、パン屋さんをはじめるとは思いませんでした。
美味しいパン屋さんがなくて、パン食は諦めつつあったので、とってもウレシイ!!

三崎警察の近く、いなげやの向かい。
2台分の駐車場があるので、行ってみてくださいね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by umiusagin | 2013-11-21 13:19 | パン焼きの日々 | Comments(2)

ライ麦パン

f0131628_10334481.jpg以前「ライフレーク」を買ったので、ライ麦粉を買う前に使ってしまおうと思いました。
(ライ麦粉、2日前に買いました。小袋ですが)

よく田舎パンなどの上に乗っているライ、「パンに混ぜてもいい」とあったのですが、届いてみると「湯を注ぎ一晩おく」とある!なんかめんどくさそう。
しかし、このままじゃ硬いんだろうなあ。

これは30g。1.5倍の湯を入れて置いておきます。

f0131628_1034485.jpg湯の分の水は考えないことにして小麦粉を足して焼きます。酵母は『ホシノ丹沢酵母パン種』。
ヨーグルトも入れたかったのですが、夕ごはんに使ってしまったので無し。

で、これがすご〜くおいしい!!今までの中で一番美味しい!味が深いんです。
フレークも形で残るかと思ったら全然ない。色が濃い目なのは砂糖がキビで茶色く、写真が暗いから。
[PR]
by umiusagin | 2008-03-28 10:49 | パン焼きの日々 | Comments(0)

これが溶岩窯です!

f0131628_2334285.jpg目の前が海という絶好のロケーションのパン屋さんです。
1月にオープンしたそうで、あるのは知っていたけれど、えりりんさんが写真入りで紹介されていて、友人にも聞かれて、こりゃあ行かなきゃ!と思ったのです。
京急津久井浜駅から海を目指して歩いて、そうだなあ、5〜6分だと思います。

「溶岩窯で焼くパンは、プツプツとあいた気泡により普通のオーブンとは一味違います。特に、直接床で焼くハード系はボリュームがあってパリパリに焼き上がります!」なのだそうです。
この「溶岩窯」というものには、惹かれるものがありますよね。

今日は天気がよい日曜日だからか、人も車も多くて、夕方行った時にはリュスティックとかドイツパンなど売り切れでした。
カレーパン、メロンパンはふつうかな。明日バケットを食べてみます〜
[PR]
by umiusagin | 2008-03-09 23:16 | パン焼きの日々 | Comments(20)

甘さ&油ひかえめのパウンドケーキ

何故ボソボソになるのか、その理由を知りたくて、めげずに焼き続けています。

友人に「粉、砂糖、油を1:1:1で作るからパウンドケーキといったような…確か先生がそう言ってた」。あぁ、わたしもそんなことを聞いたような。でも、それじゃ甘過ぎるし、油摂りすぎ。

先々週『ホームベーカリーでナチュラルパン』に使用していたのがうちと同機種(エムケー株式会社HBD-100)で、これは今買っておいた方がいい、というか後になったらもう売ってないんじゃないか、と持ち帰ったものの、まだちゃんと読んでないんです。その本には甘い焼くだけケーキがなくて(手の込んだものはあります)、しょっぱいケーキを見てみると、粉が少ない!! そうか、これだったのね!

f0131628_2255523.jpg粉を260gから200gにしたら少しボソボソ感が減り、この写真は半量の130gで焼いてみました。(切り口が汚いのは焼きたて&切れないナイフのせい)
砂糖83g、油(バター&マーガリン)87g、ナッツ(ペカンナッツ&カシューナッツ)50g、レーズン24g、卵2個、バーキングパウダー4g。(数字が細かいのは秤がぶれるから)

まだボソボソ感は残るけど、これならまあまあ。甘みはこれが限度、あとは油を増やすか。これでも恐ろしい量だけど。
ベーキングパウダーはこれ以上増やすと苦くなるので、ご注意!(←経験者)

今までは砂糖、バター&マーガリンなんて使わなかったのに。お酒を辞めたら他に楽しみがないからなあ。『そのひとクチが…』の本の通りですよ、全く。
[PR]
by umiusagin | 2007-10-09 22:21 | パン焼きの日々 | Comments(14)

最近のパンの話

f0131628_818672.jpgこれは『白胡麻パン』。ホシノ天然酵母です。

パンには、レーズン、クルミ、胡麻(黒・白)、カボチャ、たねなしプルーン、粉は全粒粉、ふすまも。オイルはマーガリン、バター、オリーブオイル、色々試しています。

遂に念願だった精米器を試してみました!!ん〜、香りが違いますねえ。水に浸す時間が少なかったので堅かったけど。
ぬかは乾煎りして、炊きたてごはんにかけてみましたが余っちゃうし、時間が経つほど酸化するというのでパンに入れてみました。濃いめの色、ぬかの味はしませんでしたよ。

最新ではサツマイモを煮て、パンやパウンドケーキに入れて焼いています。
f0131628_821404.jpg
甘いのが気になりますが、砂糖を減らすと失敗します(経験者)。酵母のごはんだと聞いたので、これは減らせない…でも、少しずつ減らしてみようと再度挑戦するつもりです。諦めないなあ。

パウンドケーキには、ペカンナッツ、アーモンドスライス、乾燥ブルーベリー、ココアパウダー、グレイティドココナツ、そば粉、紅茶液とか何でも混ぜていいみたい。

でも、このパウンドケーキ、人に出せないほどボソボソ。なんでだろう?
食べてみた人は「メープルシロップなど液体に浸し、ラップでグルグル巻きにして冷やしたらしっとりするんじゃない?」だそうで。それって、すご〜く甘そう…
言った本人も辛党で、私も未だに試さず、ヨーグルトをかけて食しています。これがかなりナイスな味です。

何かいいアイディアがあったら教えてくださいね。
[PR]
by umiusagin | 2007-09-18 21:38 | パン焼きの日々 | Comments(8)

ほぼ毎日焼いています

f0131628_22271413.jpg「つぶつぶパウンドケーキ」
焼き上がるまでに1時間50分

これは薄力粉、ベーキングパウダー、喜界島粗糖(サトウキビ100%とある)、マーガリン少し、牛乳、アーモンドスライス、カランズ。

卵2個を入れ忘れてしまい、卵アレルギーの人にはいいかも。
パンナイフを使わないと縁が堅いんです。よくいえばビスコッティ。堅いけど、あとをひく旨さなんです。

f0131628_22273366.jpg「天然酵母ゴマパン」
ホシノ天然酵母を使いました。
焼き上がるまで7時間10分!長い!長過ぎる!!

強力粉、全粒粉、天然酵母、たっぷりの黒ゴマに白ゴマ少々、喜界島粗糖、塩すご〜く少し。
何度焼いても飽きない味です。
まあ、私はゴマ好きですからね〜

こんな風に、いろいろ中身を変えて試しています。
パウンドケーキは、ここのこところチーズケーキにトライ中。
クリームチーズとサワークリームだけでは、あまりチーズの味がしない。
次はレモン汁を加えてみるつもり。

油(バターやマーガリン、オリーブオイル)は、入れたからといってボソボソ度が改善されるワケではないので、入れなくてもいいみたいです。
できれば油は押さえたいからね。太るし、取りすぎは良くないもの。
[PR]
by umiusagin | 2007-08-08 23:07 | パン焼きの日々 | Comments(5)

白神こだま酵母を使ってみました!

きのう焼いた「黒ごまパン」、マーガリンのせいか、白神こだま酵母にしたからか(でも、ぬるま湯で5分溶かしてから使うんですって。間違えちゃった)、
いつもより食べやすかった。少しだけね。
実はプレゼントするんだったんです。でも、大丈夫。
「おいしいわ、これ」といわれ、嬉しかったなあ。ふふふ。

試行錯誤のパン焼きの日々、まだまだ続きます。
今はホシノ天然酵母でも試しています。
3日前には「生種おこし」をしてみました。24時間。丸一日じゃない!!
天然酵母パンは7時間10分もかかる。
パン作りは、ホ〜ント気が長いですよねえ〜
f0131628_22183263.jpg

[PR]
by umiusagin | 2007-07-08 22:13 | パン焼きの日々 | Comments(5)

大好き! アプリコット・カラー

何人もの久しぶりな人とお話する、珍しい一日でした。
なんだか心が温まってホワホワン。

ところで、焼いたパンがボソボソしがちなのはバターのせい?
トリセツ通りマーガリンで試してみることにしました。
マーガリンを買うなんて、もしかして初めて? 
食べるのも小学生以来かも。
あの、ぐにゅあとした感触が苦手。。

マーケットへいくと、なんとアンズがあったんですねえ。
わたし、何を隠そう、果物では一番というほどのアンズ好き!
引っ越しを機に、2本も木まで植えたくらい(まだ実りそうにないけど)。

花もアプリコット・カラーに目がいきがち。
パンジーの時は「売れない色ばかり」と花屋オーナーさんに笑われたっけ。
おかげで信じられないほど沢山もらいました。

アンズはそのままでは食べられないので、白ワイン(赤ワインで作る時も)とメープルシロップでサッと煮ます。
それをヨーグルトにかけて食す。あぁ、このうえない至福のひととき。
アイスクリームでは甘すぎてダメ。辛党ですからねえ。
その証拠(?)に、一口食べたアメフラ氏は、口が曲がりそうに酸っぱいそうな。

f0131628_2144193.jpgお目に掛かったことはないけど、ガーデンの先生と敬愛してやまないターシャ・テューダー、それを知る友人が、
『ターシャ・テューダーのクックブック』(文藝春秋)を送ってくれました。
早速パン&マフィンのページを開いて、あ〜、なんかすご〜く嬉しいなあ。
[PR]
by umiusagin | 2007-07-07 22:34 | パン焼きの日々 | Comments(8)

ケーキを焼いてみました

f0131628_18365490.jpg
これは初めて焼いた『パンプキン・ケーキ』です。

パンと違って水、イーストを入れずに、ベーキングパウダー+薄力粉で作ります。
ビックリするほどのバターの量(100g)にひるみ、半分はオリーブオイルで。
お砂糖も80gとあるのを半量近くにしたら、甘くない。。
市販のケーキって、いろいろ沢山使っているんですねえ。

パンを焼いても、手を汚さずに(笑)放っておけば、ほぼこの形。
味気ないです。
味はいいんですけどねえ。

色が濃いのは、奄美の黒糖を使っているからです。
[PR]
by umiusagin | 2007-07-04 18:37 | パン焼きの日々 | Comments(3)

3回目を焼いてるとこです

f0131628_21354034.jpg風が強く、恐ろしい暑さの日、伸びていました。ずるん…

草取りや木酢液かけ、アジサイの刈り込み…やらねばならない庭仕事は山程ありますが、外は暑すぎる。。
エアコンの「除湿」をかけながら、床掃除なんぞちょこっとしました。

きのう届いたパン焼き機(ホームベーカリーというらしい)、もう嬉しくって。
はじめて焼いたのは『食パン』。晩ごはんに間に合うよう早焼きモードに。
それでも2時間30分もかかります!!

今日は2回目『黒ゴマ入りフランスパン』、普通焼き。なんと4時間50分!!
なんだか気の長〜い話ですね。でも、スタートボタンを押せば、焼き上がるまでなんにもしなくていいからラクといえばラク。

今は『全粒粉パン』を焼いているところ。4時間。
「ヘルシー」と書いてありながら、砂糖やマーガリン(バターを使っています)をたくさん使うにのオカシイような…。分量は少なめにしていますが、最初だからわりと忠実に。
しかも『全粒粉パン』といいながら、強力粉と半々なんて!
変なことは多々あるけど、買っていた時にはわからなかったんだもの、仕方ないか。出所はわかりやすいしね。

味?
そりゃあ、もちろん美味しくて美味しくて、食べすぎちゃう。
自分で焼けば「ヘルシー」かと思ったんだけど。。
[PR]
by umiusagin | 2007-06-29 21:59 | パン焼きの日々 | Comments(18)