カテゴリ:原発事故( 19 )

2013/12/11の世田谷区立三浦健康学園跡地

f0131628_1753773.jpg

f0131628_17563459.jpg昨日、卒園生の方からメールが来たので、
今日の世田谷区立三浦健康学園跡地に行き、
現在の様子をアップします。

ポカポカ陽気で、イヌの散歩がてら行こうと張り切ってたら、段々風が強くなってきて。
それでも、冷たい風ではないです。
明日から寒くなるとか。

着々と太陽光発電に向けて進んでる模様。
このコンクリの上にパネルを設置するのかな。

平行を測定する為の木の杭(?)、
コンクリを流し込む木箱(というのか)を
設置していました。

f0131628_17564332.jpg
反対側からだと大きく見えた箱状の形体も、コチラ側から見ると、ただの物置のようでした。

健康学園の建物があった時は広大な敷地に見えたのですが、何もなくなってみると「えっ、これだけ?」という感じも否めません。

さんさんと陽が降り注ぐところだから、太陽光発電には向いていそう。
でも、こどもたちのはしゃぎ声の方がいいな。
f0131628_18365535.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by umiusagin | 2013-12-11 18:37 | 原発事故 | Comments(0)

もしや太陽光発電所作り?

10/21に気づいたのですが、三浦の、世田谷区立三浦健康学園跡地に数台の車が止まっていて、
ショベルカーで土を掘っている。もしや、太陽光発電所作りがはじまった?
f0131628_18511344.jpg

保坂展人世田谷区長が、岩上安身氏とのインタビューの中でだったか、
世田谷区として、原発に頼らずに、電気を作ったらどうだろう、
三浦の世田谷健康学園跡地に、太陽光発電のパネルを並べる計画を話していて、
おぉ、すごいじゃん!と思いました。

長年、世田谷区民で、
小5の時、移動教室で、三浦の世田谷健康学園に来て、あまりに良い処なので、住みたいと決意、
そして、その通りになったのです。これも何かの縁。

今、調べたら、2014年3月開設予定だそうで。
これから作っていくのですね。
台風が過ぎたあとにでも行ってみよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by umiusagin | 2013-10-23 19:05 | 原発事故 | Comments(2)

「もうがまんできない!」シンポジウム

f0131628_10484758.jpg「もうがまんできない!」と立ち上がった古稀(70歳。昔はココまで生きることは稀[マレ]だったから、この字を使うとか)を迎える男性陣が、限られた時間内を早口で(笑)語るシンポジウムが、横浜市開港記念会館でありました。

『東京に原発を』以来敬愛する広瀬隆氏(現在は『赤い盾』を経て『持丸長者』読書中)、
DAYS JAPAN(定期購読中)編集長の広河隆一氏、
動画でおなじみ、物理学者の藤田祐幸氏、
C+Fに出入りして親近感がある、元原子炉設計者の田中三彦氏、
宇宙飛行士で、今は野菜作りをされている秋山豊寛氏、
僧侶の中嶌哲演氏、東海村村議の相沢一正氏、元教師の大信田尚一郎氏、今日はいらっしゃらなかった柏崎市議の矢部忠夫氏、この9人が発起人です。
そして、当日まで知らなかった特別出演の山本太郎氏!
割れるような拍手で迎えられました。
私は太郎氏ファンなので、ちょっとトクした気分!

二人で行ったドイツのDVD、「核のゴミどうすんの?!山本太郎と広瀬隆のドイツ取材3000kmの旅」買っちゃいました。
飛ぶように売れて、休憩時間内に完売。あとは太郎氏のHPから、ということで。すごいですねえ。

出演者達が声高に叫ぶことは、みんな普通の、当たり前のことですよ。
当然の権利が通用しなくなった現在の日本、ホントおかしいですよね、絶対。
これからどんな風に進むんだろう。戦争は起きるのだろうか。とても不安な暗い道です。

追補:こちらから映像が見れます。IWJです。とても重要な動画配信をしてくださるので、みなさま、どうぞ会員になってくださいね!

私が声を掛けた友人夫妻とも会え、帰りに一緒に食事、お喋り。楽しかった。
こういうささやかな積み重ねが、病気をしてから、とても愛おしく思えます。
そんな小さな幸せが奪われるなんて!生活を脅かされるなんて許せないことです。

f0131628_1049686.jpg赤レンガ造りの古い建物、外観はモチロン、内装もとても素敵!
西洋文化に影響されつつ、ついつい和が出てしまい、海をテーマにした興味深く、味わいのある建築物です。
横浜は海のそばであることから、海をテーマにしているみたい。
舞台を囲う白い柱や天井を走るのは漆喰なのでしょうか、とろりとした感じがとても美しいです。

天井から下がるライトの両側、ウニがモチーフじゃないかな。
この変化形があちこちにあります。
左の写真は、灯りがついている方です。どっちもいいでしょう?
もっと撮りたかったのだけど、大きいものが多く、全体が撮れなくて。見学出来るので、行ってみてくださいね。

実は、ここを訪れるのは2回目なのです。
前回は2009年。まだ原発事故前のこと。
まだ立ち上がるとめまいがひどく、一人で電車に乗ることなど、到底出来ない頃でした。

f0131628_1049149.jpg「スローライフ」の講演会が、朝から夕方まであり、アメフラ氏に付き添ってもらい、行く予定でした。
昼食は、予約すると美味しいお弁当がいただけることになっていて、早速2人分申し込みました。

ところが、数日前になって、アメフラ氏が仕事でいけない、と言いだし、さあ困った!とても一人では行けない!どうしよう。。

友人に相談したところ、なんとその息子さんが行ってくれることになったのです!!
彼が小学3年生の時からの知り合いで、うちに泊まりに来たりの仲良しさん。その子がすっかり成長して、私の付き添いをしてくれるなんて!…まるで昔話に出て来る「恩返し」のお話みたい。

あれから4年、今はめまいもなく、一人で問題なくこれました。快方へ向かうには「時」が必要なのですね。
そんなこんなを思い出し、感慨深気でした。
[PR]
by umiusagin | 2013-08-18 18:30 | 原発事故 | Comments(0)

鎌倉へ行きました

「ドキュメンタリー 福島 生きものの記録」という上映会、「関野吉晴氏×岩崎雅典監督」トークに誘われて、鎌倉へ行きました。一人で。
三浦から鎌倉って近い気がしますが、京急久里浜駅で下車、外を歩き、JR横須賀線に乗り、大体逗子止まりなので、逗子で君津行きを待ち、という具合。うちを出てから1時間半くらいかかります。意外と遠いでしょ?

先週は大船まで出掛けましたが、一人で電車に乗って、食事まで出来る日がくるなんて!…感動です。
まあね、倒れてからもう8年も経つんだもの。。。長い月日でした。
とはいえ、今年2月14日が初で、前々から出来たわけではありません。その日に会った友人はビックリしていました。その友人は倒れる前からの付き合いで、ずーっと見て来て、よく知っているから。

f0131628_2219643.jpg友人Aさんが「鎌倉には、美味しいパン屋さんキビヤがあるから買って来ちゃった」と大きな袋を見せてくれて、友人Bさんは「本店があるから、そっちに行こう」と。
あれ、この路地、見覚えがあるんだけど(写真)?

レジの人に話しかけてみると、前は「タカラヤ」だったと。そうそう、タカラヤ。鎌倉に来る度、寄ってたんだもの。
秋谷(横須賀)から三浦に引っ越して、鎌倉に行かないうちに倒れちゃったんだもんねえ。とすると10年前かあ。ここに至る商店街がだいぶ変わっていてもしょうがないなあ。。

ここの2階のレストランで夕食を頂きました。どれも美味しかった。見た目もキレイ、モチロン味は濃くなく、くどくなく。

肝心の映画、福島の動物たちの惨状は、人間の未来をあらわしていて、とても悲しい。木の実、柿、水も空気も今までと変わりない味。うるさい人間どもがいなくなって、むしろ良かった、と。五感では測れず、野生本能もきかない。それが放射能の怖さ。
悪夢のような、引き返せない世界に生きなければならないなんて。
[PR]
by umiusagin | 2013-06-09 22:00 | 原発事故 | Comments(0)

ユーリ・バンダジェフスキー博士の最終講演

f0131628_0134334.jpg19:00から大井町の「きゅりあん」(品川総合区民会館) にて、ユーリ・バンダジェフスキー博士の最終講演がありました。
18:00開場というのに17:40に着いてしまい、速すぎたなあと思ったら、なんのなんの、既に長蛇の列!
私は前売り券を持ってたから自由席。当日券は厳しい。しょうがないか、私だって売り出し時間からパソコンに張り付いていたんだもの。2時間半で完売したとか。

昨日今日明日のどこかで大地震という噂があったのでビクビク。一人で出掛ける私に「探しに行ってもわからないよ」とアメフラ氏。だよね。私も大井町から徒歩で帰り着けるかなあ。

いろいろ説明があり、どれを書こうか。
最後の方で木下黄太氏「東京は、もう汚染されてるから住めない。汚染されてるから瓦礫も燃せる」。東京での余りにも高過ぎる数値を示し、「移住するべき」。
途中から壇上に上がった山本太郎氏「このくらいなら、というセシウムの上限は?」
首を振るバンダ氏。「ほんの少しでもカラダに取り込むべきでない。あってはならない物質」と通訳のジャパネットタカタ氏(にソックリだったんだもん。笑顔がかわいいし、寸時に選ぶ言葉が絶妙)。
バンダ氏も「東京から移住しなくては」と力説していました。

講演会のあと、「やっぱり田舎に帰ろう」という若い女の子、「東京が高いなんて考えたこともなかった」と驚く30~40代OLら。「東京は汚染されてるんだね。よそへ行かなくちゃ」と話す若いカップル。
東京は線量が高いのよね。ホットスポットは驚くべき高さ。三浦半島は大丈夫なのかなあ。
けど、私は移住するには若くない。昼間Twitterで高齢者って60歳かな、その人達に汚染食品を食べさせよう、とあって、それ、私に近いじゃん!…一応高齢者の定義は65歳からですけどね。

東京からごっそり人がいなくなって、果たして三浦半島は成り立つのか。
まあ、そんな状態になる頃は滅茶苦茶になってるだろうな。その前に大地震かもしれないし。
F4の燃料プールにヒビが入って、関東一円、住めなくなるかもしれないし。
どのみち安心して暮らすことなんか、もう死ぬまでありえない。アタリマエの日常が、すんごく異常。

講演会続きの2日間でした。ふう。明日からは休んじゃおう。
菜園に肥料入れの続きをしよう。外での作業はセシウム漬け〜!
[PR]
by umiusagin | 2012-03-20 00:19 | 原発事故 | Comments(0)

菅谷昭氏のシンポジウム

f0131628_20463629.jpg県立保険福祉大学・講堂で行われた「よこすかシンポジウム」に行きました。
京急県立大学駅は、なんと三浦海岸駅から20分!速いっ!

隣の「横須賀商工会議所」には先日確定申告書類を提出しにきたし、そのまた隣の「ホームズ」はよく来るホームセンター。
でも、この県立保険福祉大学行くのも、入るもの初めて。ガラス張りで大地震が来たら壊れそうな、というかガラスが沢山刺さりそうな、恐〜い建物です。(写真)

第1部は松本市長、菅谷昭氏のお話。ホントに素朴で純粋な人。裏表がなく、政府の方針に対して非難していました。
「横浜、横浜は数値が低いから、住んでても大丈夫」とは安心出来るお言葉でしたが、横浜と横須賀を一緒くたにしている大雑把さがなんだかなあ。松本からはだいぶ離れてるから、しょうがないよね。

菅谷昭氏の新刊と他に1冊買いました。これでまた読まなきゃいけない本が、どんどん溜まってく。仕事で読まなきゃいけない本も溜まったまま。タメイキ。。なのにTwitter読んだり、パソコンにかじりつく日々。

第2部の横須賀市職員2名、横須賀共済病院放射線技師の取り組み報告。資料にあった通り喋ってたから、ちょっと眠くなっちゃった。
「一生懸命やっても進みが悪い」んだそうで、決して、なんにもやってないことはなく、グズグズもしてないんだそうです。言い訳くさい気もするけど、市民のために額に汗してくれるなら…って、私、もう横須賀市民じゃないんだけど。でも、彼らの作り笑顔、気になるなあ。信じられない。

学校の運動場の汚染土壌は、すくって、学校の土中に埋めて、50cm覆土すれば影響ない。風で飛んだりするから、これからどうしようか、今後の課題、なんだそうです。
捨てると言っても捨て場所はないし、このままではコドモたちが危険すぎる。
市職員は国の方針との板ばさみで大変なんだろうな。けど頑張りましょ。自分たちの問題でもあるんだから。

こういう、市民と市とのシンポジウムっていう考え方は、すごくいいと思う。三浦市も頑張らなくちゃあ。

帰りにバッタリ会った友人らと、お茶。
同じ考えなのを知っているから、心が解放出来て楽しかった。
今度行くという2泊での被災地行き、誘われたんだけど、まだ全然無理。日帰りなら、と思ったけど、それもキビシイかなあ。
[PR]
by umiusagin | 2012-03-18 21:34 | 原発事故 | Comments(0)

3月10日は東京大空襲のあった日

f0131628_22551573.jpg昨9月に初めて訪れた横網町公園(今調べたら9.11だった!わ〜ぉ)、その時は復興記念館(すごいネーミング!)で「竹久夢二 震災スケッチ展」があったから。それだけでした。
でもね〜、行く前にネットで調べたら、東京空襲犠牲者追悼碑もあったのですよ。
実は、東京大空襲で祖母、父の兄弟の計5人が行方不明になっていて、両親は少し複雑な事情から祀ったことはありませんでした。でも、私はいつか此処に行くことになるだろうと思ってました。漠然とですが。

そこから手紙が来て、東京都慰霊堂で大法要を行うというのです。
はいはい行きますよ行きますよ、でも人混みは苦手、一人では不安。
アメフラ氏に頼んで同行してもらうことになりました。ほっ。

年取るとそういう類い(クラス会とか昔の友人など)に想いを馳せるようになりますよね。やだなあ。

もし人に酔わなかったら、帰りに日比谷公園での「ピースオンアースに行ってみたいなあ」と。
3.11は大勢くるから絶対ムリ!と諦めていましたが、前日に上京するならなんとか、と願っています。
よかった、私も参加出来て。
3.11は、自宅でヒューマンエラーかけて、シンクロしよう!!

しかし、3.11は、東京大空襲の翌日、9.11に6足したもの。人為的な気がしてならないです。
[PR]
by umiusagin | 2012-03-03 23:27 | 未分類 | Comments(0)

三浦の風力発電

f0131628_2321213.jpgブンブンでかい音を立てて回る風力発電。
ここは三浦市、海を見下ろす高台にある宮川公園。そこに2機あります。

今日は写真の1機しか回っていませんでしたが。
昔の風車のように、風が吹くと回るのではなく、止めたり自在に調節できます。

風が強いから、この風力を使わない手はない、太陽光もいいし、波力もいけそう。
そういう開発が進んで、自然エネルギーが普及していきますように。
今でも、原子力発電なしでも十分電気が足りてるけれど、少しずつ石油から移行していきますように。

あいにくの曇天の中、家族連れやカップルが20組くらい来て、賑わっていました(これはかなり多い方)。
日曜だから駐車場(無料)にはオープンカーやらカッコイイ外車もいましたよ。

アメフラ氏が宅急便まで行くというので、イヌを車に乗せていきました。右下にちいちゃく写っている赤い鞄がアメフラ氏、その左に白いイヌ。よく見えませんよね。いかに大きいかが、わかるかなあ。
[PR]
by umiusagin | 2012-02-26 23:26 | 原発事故 | Comments(0)

Twit No Nukes _KNG

f0131628_23131430.jpg

f0131628_2313792.jpgTwitNoNukes神奈川のアイコンできました!
廃炉熊=ハイロクマって名前です。
だから、色も灰色なんです。え、ダジャレ?まあ、そうでもあるんだけど、
みなさん、ヨロシクお願いしま〜す!
[PR]
by umiusagin | 2012-02-13 22:27 | 原発事故 | Comments(0)

檸檬と柚子の苗木

f0131628_12291879.jpgレモンとユズの苗木を買いに行った一昨日のこと、
果樹を植えるなら培養土も必要と思い、さー、大変。
培養土は汚染されてるって話で、ずっと買わなかったし、なくて済ませようと思っていたのですが、
今回はそうも行かない。

売り場は、どれも「検査済み」とあり、産地はほとんど福島、福島にブレンド栃木、一種類だけ栃木。
検査済みというのは、政府基準の基準値以下ということ。
シイタケにも出てるしなあ。それを買うってことは、うちの菜園にも混じるってわけで、だからって培養土をその度にはるばる遠くからは取り寄せられない。
じゃあ、もう、うちで作らないで、なんでも買えばいいってこと?
…それも違う。うちのはモチロン、近所の野菜スタンドのは産地偽装がないから安心と思ってたけれど。

農家さんたち、「去年はいいとしても、今年は土を購入しなくちゃならない。最長5年は新しい土を入れなくても平気」と聞いたたけど、「でもやせ細っていくから、5年より前には足すね」といわれたっけ。まあ、どこの土を買うかによるけれど。

うちの方は比較的きれい、といわれても、そうはいかなくなってくるんだ。
こうやって、じわじわ追いつめられ、段々逃げられなくなって行くんですね。は〜。
今のところ、うちでは野菜には使わないつもりだけど、今後ずっとというわけにはいかないな。
でも絶対に負けない!最後まで頑張る!闘う!
[PR]
by umiusagin | 2012-02-12 12:57 | 原発事故 | Comments(0)