<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

横須賀美術館へ

f0131628_181335.jpg神奈川県立観音崎公園(灯台は『君の名は』のマチコ巻きで有名らしい。このドラマ知らない。他、戦跡多し)の中にある、横須賀美術館へ「ブルーノ・ムナーリ展」を見に行きました。

熱いから具合悪くなるとイヤだなあ、
日曜だからひどい混雑ぶりかも、と迷いましたが、
8/29までと残り一週間だし、
アメフラ氏が今日でなくては行けないというので、
思い切って。
館内はエアコンが効いてるはずだしね。

駐車場で並びましたが、あとはそれほど混雑していませんでした。
屋外テラスがある、レストラン「アクアマーレ」(「アクアパッツァ」の支店で美味しいとかで有名)は盛況でしたが、並ぶほどでもなく、
館内は適度に人がいるって感じ。全然いなくても寂しい。
日曜でこれでは平日は少ないかも。

f0131628_1815799.jpg建築は全体像はモチロン、細部に渡って面白く、さすが山本理顕さん、らしさが随所に現れています。
大学院時代の友人、新納至門(にいのしもん)くんが山本理顕さんの事務所に勤めていたことがありましたっけ。新納至門くんは、1990年くまもとアートポリス県営住宅設計コンペ最優秀賞をとりました。すごいなあ。

上の写真は、「アクアマーレ」の中から、地下の展示場を見たところ。
レストランでくつろぐ人々が写り込み、左奥に青い海が長々横たわります。
「干しイチジクとクルミのケーキ」が美味でした。

横須賀美術館のサイトに依ると、
「ブルーノ・ムナーリ(1907-1998)は、プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、絵本の制作、子どものための造形教育など多岐にわたる分野で活躍し、独創的でユーモアあふれる作品を世に送り出したイタリアのアーティストです。 」
様々な絵が、美術予備校で描かされた平面構成に酷似し、大学で習ったり、仕事を始めてから教わったことなどなど。おそらく全部がブルーノ・ムナーリ氏の作品を下敷きにしているのでしょう。懐かしくなりました。

f0131628_1822358.jpg中でも、ブルーノ・ムナーリ氏の言葉の中に、
「芸術家は自分の技術を磨くだけでなく、外に出て、人のためになるべき」
のようなことがあり、そうだよなあと思いました。
もっと人のためになることをしなくちゃ。今はそんなに無理出来ないけれど、こんな自分でも、何か出来ないかなあ。

「図書館はコチラ」のサインが可愛かったから撮ってみました。
美術書を集めた図書室もあります(貸し出し不可)。

f0131628_1824227.jpg天気がよいせいで海が青々と目にしみました。
往来する船々があまりにも近く、タンカーからヨット、小さなボートといろいろな種類で沢山いるから驚きました。
うちの方からだと、船は遠方に小さく浮かんでいるだけだから。

螺旋階段をのぼると、二階、屋上へ。
エレベーターもあるので、徒歩じゃなくても階上へ行け、窓や屋上階の室内外も楽しい。
とにかく建築物が楽しいです。
屋上階から外に出ると、観音崎公園の雑木林&道に繋がります。
涼しくなったら、建物探訪にまた来たいと思いました。
[PR]
by umiusagin | 2010-08-22 14:00 | 小旅行 | Comments(2)

読書日記8月2回目

f0131628_142298.jpg台風の影響で、昨夜から暴風、雨も時折強く降りつけます。
こんな日に外出せねばならないアメフラ氏、「出掛ける」といったら雨が降り出し、出たら土砂降り。さすが名前にたがわぬ人ですねぇ(笑)。よかったぁ、一緒に出掛けないで(笑)。
「海のそばには行かないように」と出て行く時にいったのですが。高波にさらわれたら困るもの。

『ミラノ通信』ルーシー・マリ・スズキ(無明舍出版)1999/01/10初版 表紙カバー★★★
*著者はブラジル生まれ育ちの日系で、イタリア人と結婚後イタリア在住。
日本に留学していたとはいえ、日本語で、これだけの文章を書くのは凄いなあ、と感心しました。

通訳として、イタリアに根ざしたブラジル人の眼を通して、イタリアのあるがままの普段着の顔には面白いものがあります。
特に日本に初めて来た夫の反応には笑えました。

しかし、イタリアの風景や料理は好きだけど、暮らしにくそうと思ってしまいます。いや、旅しづらそう、というべきかな。暮らすなら時間もあるし、諦めもつくかも知れないもの。
[PR]
by umiusagin | 2010-08-12 14:16 | 読書日記 | Comments(0)

読書日記8月1回目

台風の影響で曇り&雨の日が続き、幾分涼しく、過ごしやすい日でした。が、今日はまた元通り。
初めはどんより曇っていましたが、昼前からパーッと晴れだして、いやはや熱いのなんのって。
外でへばっていたイヌも、エアコンの中に入れてやりましたよ。
体を拭いて、ブラッシングして、ついでに肉球も拭いて。脱走すると手間が増えます。

f0131628_17515181.jpg

『わたぶんぶん わたしの「料理沖縄物語」』与那原恵(西田書店)2010/3/3初版 表紙カバー★
*朝日新聞の書評に出ていたので、リクエストしてみました。
最近は新しく買わず、よそから借りてくるようで、これは小田原市立かもめ図書館から。
でも、どれも新本のようにきれいだから(いいことか否か)、全然構いませんが。

沖縄出身東京生まれ育ちの著者が巡る、料理にまつわるあれこれで、沖縄の血でわかり合える部分というのが羨ましく感じました。簡単にそう言ってはいけないとわかっていながらも。
「てぃあんだぁ」(「手」のあぶら)が料理をおいしくするというのは、おにぎりも手で握ると美味しくなる、いうのと似ています。最近は衛生面の問題からビニール手袋をしますね。だから、無味無臭な味になる?
豚の脂身を煮詰めて作る「あんだぁ」、想像がつかないから舐めてみたいです。
豚料理が多く、バリ島に似ている?食生活に「南」を感じました。

実はこの著者の与那原恵さん、15年くらい前、友人に連れられて泊まりに来たことがあるのですが、それから下北沢の劇場に行ったり、手紙を出し合ったりしていましたが、疎遠になってしまい。
会いたいなあ。今は何処に住んでるんだろうなあ。ブログないかなあ。と検索したところ、『美麗島まで (ちくま文庫)』という文庫発見!文庫なのに¥998もするし、重量400gなんていう人もいるくらいに厚いらしい。初出は2002年だそうだ。
取り敢えず、これを読んでからだなあ。

『逆に14歳』前田司郎(新潮社)2010/2/25初版 表紙カバー★★
*同じく朝日新聞の書評に出ていたので、リクエストしてみました。こちらは逗子市立図書館から。
1977年生まれの人が書いたので、何処まで高齢者のことを正確に言い表わしているのかは不明ですが、笑えること、それでいて余りに切ないことが沢山ありました。
老いるって、こういうことなのでしょうか。

後編の脚本は、読みませんでした。
[PR]
by umiusagin | 2010-08-10 18:51 | 読書日記 | Comments(0)

3度目の脱走

f0131628_199574.jpg明け方の雷で脱走すること2回、
初めは驚きましたよ〜
起きたらイヌが柵の外で寝ているんだもの。
2回目は、寝ようとしたアメフラ氏、外でタバコを吸ってたら、何か白いものがチラチラ、門の外に出てみるとイヌが!!
慌てて合羽を着て、イヌと追いかけっこ。坂を転がり降りるように逃げ、下の車が通る道まで追いかけたそうです。

何処から出たんだろう??
塀から下までジャンプ?!
2mくらいあるけど。まあイヌにしてみれば、低いと言えば低い。
かと思ってたら、どうも柵に隙間があるので、そこへ行けるよう穴を掘ってたみたいなんです。

外に出たって、行く処なんてないのに。
それより道に出て、車にはねられでもしたらどうするの?!
ということで、繋がれわんこ。
自由が利かず、繋がれたヒモは重いし、引っ掛かりやすいしで、シュンとおとなしくしていました。

懲りたかと思って外したら、また外へ出て、草刈り機をかけているアメフラ氏のそばに!!
あぶないじゃな〜い!!
「穴をふさいだつもりだったのに」と怒るアメフラ氏。

雷でパニックになるのはまだ情状酌量の余地があったけれど、脱走することがクセになってるんですね。
またも繋がれわんこ。
折角放し飼いだったのに、自由を奪われ、面白くないという態度。
今まではこんなことなかったのになあ。
夜だけは繋がなくちゃダメかしらね、なんて話しています。
[PR]
by umiusagin | 2010-08-09 19:09 | わんこ | Comments(0)

全農エプロン誌8月号はエンダイブ

f0131628_1623277.jpg今日も今日とて暑いですね。
あまりの暑さで、かわからないけれど、うちの小玉スイカ、また割れて、虫やミミズが食べていました。
食害がないところを食べてみると、甘くてなくて、かすかに酸っぱい。
どう考えても、日数的に速すぎだと思いますが。

農家さんは、人工受粉して日付を張っておくそうですが、
こちらは自然に受粉したものなので、「わ〜い、実がなってるぅ!」という具合で、食べ頃も分からずじまい。
まだ6個あり、1本から8個というのもまちがっているのでしょう。
小玉スイカは知りませんが、大玉では1本に2個だそうですよ。
スイカは去年から初めたので、まだ初心者です。

さて、今月号の全農エプロン誌、8月号の「わくわく菜園づくり」は
エンダイブ」です。
ちわわが登場しま〜す!(ちわわにしては、点目だけれど)
育てるのは簡単です。
サラダにするとギザギザがおしゃれ、ほろ苦さが食欲をそそります。
虫もつきにくいから(ナメクジはつく)、試してみてくださいね〜。

「知っておきたいキホンの基」は 「トマトソースの作り方
トマトが穫れ過ぎた時は、ソースを作ります。
それでも余る時はトマトソースを沢山作って、瓶詰めしておきます。
ちゃんと保存がきくよう、瓶を煮たり、中に入れたら蒸しますが、冬までには食べちゃう。だって美味しいんだもの。炒め物、シチュウやカレーにも使えて、重宝しますよ。

写真はレッドヌードル。赤紫色のササゲです。
サヤが小さい頃はインゲン代わりに炒めたり、胡麻和えにしますが、これは育ち過ぎて放ったもの。
よく出来るので、その重さで支柱が傾いてしまいました。
[PR]
by umiusagin | 2010-08-01 18:17 | 連載「わくわく菜園づくり」 | Comments(2)