<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

出し汁用の備蓄、してますか?

f0131628_17512846.jpg昆布や削り節を多めに買っておいたのに、残り少なくなってる!
そうか、3.11からもうじき9ヶ月になるんだもんね。
時の経つのは速いのに、放射能に対しての状況、情報は「最悪」を更新する一方。

じゃあ、昆布など出し汁系のもの、ついでに乾物も備蓄しておこう、と遅ればせながら思い立ちました。遅いって。
ネット検索(震災前、昆布とか入れてみてね)すると放射能汚染を気にしている人が多い。やっぱり。
マヨネーズまで買ってる人がいたけど、そういうのはいいか。
水は買ったことないな。湧き水は水道水より危険かも、と思いつつ、いつも使ってる。

削り節にすると、酸化するから日持ちが悪いかもね。
鰹節ならいいかも。
この際、長年の憧れだった鰹節削り器も一緒に購入したらどうか?
こんな時じゃないと、買えないもんね。

というわけで、出し汁系のものを揃えました。でもね〜、そんなには持たないよね。置く場所もないし。備蓄用倉庫とかあればいいんだろうけど。

お米を入れた時に使った「お米長持ちパック」で試しましたが、昆布は不可。4つやってみていずれも出来てなかったから失敗じゃないと思う。始めから乾燥しているからかなあ。お米用だからかなあ。
ワカメは出来てました。鰹節はまだ届いてないから、不明。
(「お米長持ちパック」は3kg用だとガッツ棒を使用しないので、力のない私でもラクラク。5kg用で2つ失敗。更に1つは上手く出来たのにガッツ棒でビニールを切ってしまった)

食べるもの全部、西や南のもの、震災前のもの、なんて到底出来ないけれど、少しでも下げていきたいから。武田邦彦先生がしつこく言うように、「足し算」だものね。

新物と切り替わるギリギリの今、すべり込みセーフ!?ふぅ。
[PR]
by umiusagin | 2011-11-27 18:30 | 環境問題 | Comments(0)

ビタベクトは効くのか?

f0131628_2136837.jpg昨日、国際郵便で届いたのが『ビタペクト(vitapect)』。
IWJで、イタリア人フォトジャーナリスト ピエルパオロ・ミッティカ氏が、インタビューの中で「アップルペクチンがセシウムを70%(他では30〜40%という話もあり)体外に排出する」といっていたので、ネット検索して、このビタペクトを注文してみました。ちょっと試してみようと思って。

ーそういえば、だいぶ前に、バズビー博士や崎山比早子さんが、そんなことをいってましたね。その頃は、子どもが飲んだらいいと思っていたので、まさか自分が買うとは思ってもいませんでしたー
 
1粒を100mlのお湯で溶かして飲むと、胃の中で放射性物質を吸着し、体外に排出、という仕組みだそうです。

大人は1日9粒を数回に分けて、というのですが、どの程度の汚染地で暮らしているのかというデータなど全くありません。
全部で60粒、二人で飲むとして、1日に9粒飲んだら、4日分もない!それで¥1980は高いです。

そこで、比較的汚染量が少ないだろうと「勝手に」踏んで、1回2粒をお湯に溶かして服用。甘いです。
初日は1日2回、計4粒。薬も排出してしまうそうなので、毎朝服用している降圧剤の効きが悪くなっても困るので、今日からは夜2粒にしました。

吸着されるということは、胃の中にベットリ広がるわけで、やっぱりいつもとは違いました。お腹の中が脱水機のようにグルングルン。
アメフラ氏は感じないそう。だから人に寄ると思います。
イヌにもほんの少し、カップの底に残ったものを飲ませています。甘いから喜んで舐めていました。

しかし、飲む前の数値が幾つ、飲んだあとは幾つ、というのがないと、排出したのかどうかさえわからないと思います。まあ、カラダに悪いものではないということだけ信じて。

追記:最初だけお腹の調子が悪かったのですが、すぐ慣れます。3〜4日くらいかな。
[PR]
by umiusagin | 2011-11-23 22:18 | 原発事故 | Comments(0)

読書日記11月2回目

f0131628_20104640.jpg今回もまた原発関連ばかりです。

『原発の深い闇2 日本を破滅させる!』別冊宝島(宝島社)2011/10初版
*友人に「原発の深い闇1は読んだ?」と聞かれて、慌ててネットで探したら売り切れ、ということで、2の予約をしていました。

トップバッターは小出裕章先生「福島第一原発・冷温停止のウソ」。 
まあ、小出先生のお話はネットでいろいろ見聞きしているので驚かないです。
その後の原発導入の歴史、原子力ムラについて読むと、こんな根深く、厚い壁を壊すことができるのだろうか、とタメイキが出てしまいます。
テレビや新聞というメディアも、企業も、政治家もみんな抱え込み、それをどうやって切り崩して行ける?
取引先が、うちの上司が、トップが、親戚が、親が、友人が、と何処か関係しているのです。だから、声を上げられない、反対できない。
あまりにも、壮大な、芋ヅル方式。

放射能とか考えてても仕方ないし、楽しいこと考えたいし、忙しいし。
それでいい?
見なくて済むこと?
誰かが決めてくれたら、それに従えばいい?その方がラクだよね。
声を上げなくていいの?
自分も、まわりも、み〜んな汚染されちゃうんだよ。いや、既にされてるんだけどね、もっとという意味。
声を上げなければ、限りなく酷いことになるだけなんだよ。

私はビクビク暮らし、不安に思って、後ろ向きになってるんじゃない!
仕事柄、野菜の栽培地域、魚の生息区域、それらの旬に詳しいかも知れませんけれどね。
そのうえ、毎日情報を仕入れているのだから、何処の何を食べたらキケン、ということはダイブわかっているつもり。何を見ても、そういう風に考えちゃうのが困りモノでもありますが。
この溜まって来たパワー、どこかに発散させたい。まだ人混みや歩きが苦手だから、デモ行進、反対集会、座り込み、現地ボランティアには参加出来ない。でも役に立ちたい。

f0131628_20112054.jpg『2015年放射能クライシス』武田邦彦(小学館)2011/10/4初版 
表紙カバー★★★★
*サブタイトルに「4年後に何が起きるのか?注目の科学者が予測する日本の近未来地図 これは『予言の書』ではない!」とあります。
広島・長崎、チェルノブイリ事故からしか想定出来ないあれこれが、実際にはもっと悪く、速く起こっています。すでにいろいろ症状が出ています。

武田邦彦先生のブログは、いつもチェックしていて、YouTubeでも見ているのだから、考えれば、今後どうなるかわかっていました。それなのに、4年後にどうなるか、ハッキリ聞きたかったのか?自分…と、苦笑い。

4年後、私は57歳。
その時、世の中はどうなっているのでしょう。
TPPも進んでいくだろうし、憲法九条は変わっているかも知れない。
原発は?地震は?温暖化は?冷温化は?
確かな未来なんて何もない。わからない、未定なこと。
いつだって先のことはわからないし、いつだって現状は悪いんだから、という人もいました。
でも、この先消えることのない放射能を、地球上にまき散らしたのは、これまでで一番酷く取り返しのきかないことだと思っています。
[PR]
by umiusagin | 2011-11-22 21:14 | 読書日記 | Comments(4)

池田香代子さん講演会

f0131628_19435853.jpg横須賀ベイサイドポケットで、池田香代子さんの講演会があるということで、前から楽しみにしていました。

当日、横浜で突然の雨、と聞いて驚きましたが、まさかこんな青空なのに。確かに、横浜方面の雲は不穏に暗いけど。
で、降られました。濡れました。あ〜ぁ。やっぱりね。
4時半からの1時間くらいのことでしたが。三浦はその時間も、その後も降らなかったそうです。やっぱりね。

池田香代子さんのお話は、とてもよかったです。
『ネィション』については考えさせられました。
下世話な話ですが、印税については、とても興味深かった。
印税¥7000万というと、えらく儲けたような気がしがちですが、半分は税金でとられます。松本清張さんの時代には80%とられたとか。
その税金で、武器買ってるんじゃないの?
原発に使ったんじゃないの?
「税金」というのも、何にどう使ってるか、はっきりさせないとね。

横須賀市民九条の会の代表の方の、
「原発、放射能に気を取られていると、法律を変えられてそれどころじゃなくなってしまいますよ」
と発言されたことも印象的でした。
[PR]
by umiusagin | 2011-11-21 19:00 | 環境問題 | Comments(0)

イヌも年取るとヒフが乾く?

f0131628_21523128.jpg「ブログ見ました。ワンちゃん可哀想。イヌも年取ると、人間と同じでヒフが乾くんだなあ、と思いました」、と知人に言われ。
その方はネコちゃん派なのですが、耳がカサカサになった時に塗ったらよくなった、という塗り薬というかローションみたいなものを教えてもらいました。
指で高さ10cmくらいのボトルを形作り、「ペットショップにある、2年は使えたから高くない」。

早速カインズホームの「ペットワン」に行きましたが、なかった。
イオンの「ペットシティ」で、右のものを見つけました。¥2070
店のスタッフさんにはハンドクリームのよう、と言われましたが、結構ジェルでした。

いやあ、それをイヌにつけるのが大変。
まず食べ物だと思って驚喜するし、蓋を開ければ舐めようとし、患部に1滴たらして蓋を閉めようとすると、また蓋を舐めようと大騒ぎ。たらした1滴を伸ばしていると、蓋を口に入れ、かもうとする。う〜むむむ。
ボトルをなめる。私の指についているから、それもなめる。なめても安心とはあるけど、美味しいのか、大丈夫なのか。他のイヌのニオイがついているのか、箱もなめてました。

しかし、色が変わっている面に全部塗ったら、2年もつどころか、すぐなくなりそうだなあ。まあ、どうせ続けてやらないだろうけど。忘れちゃうから。
[PR]
by umiusagin | 2011-11-14 22:10 | わんこ | Comments(0)

読書日記11月1回目

f0131628_21118100.jpgここのところずっと、読む本も放射能関連ばかりになっています。

『放射能汚染の現実を超えて』小出 裕章 (河出書房新社)2011/5/19初版 表紙カバー★★★★★
*1986年チェルノブイリ原発の大事故後の話、その復刊です。
今回の福島第一原発事故の前から、すでに汚染されていたのです。
洗わずにキュウリやトマトを食べていました。そっちの方が美味しいから。
干し椎茸の戻し汁は、血圧を下げるのに効くというので、2年前くらいかな、毎日戻し汁を飲んでいました。
それらが、汚染されていたなんて!

反原発となるきっかけは、知人から送られて来た『まだ、まにあうのなら―私の書いたいちばん長い手紙 』甘蔗 珠恵子(地湧社)。
震えが止まらなかった。
そんなことはあとにも先にも一度だけです。
いかに脆い上に自分が立っているのか、それまで安全安心だと思っていた自分は、なんと愚かだったのかと。
目の前がガラガラと崩れていきました。
私も、その本(というか刷子)を沢山買って、人に送りました。

広瀬隆さんたちの本、雑誌を沢山読みました。
しばらくパスタを買わなかったり、食品に気をつけました。
30歳になりたての頃、何を見ても放射能どっぷりになる自分が怖く、やがて少しずつ反原発の気持ちが消えていきました。
心の隅に置きながら、そりゃあ全然考えなかったわけじゃないけど、仕事で忙しく過ごし、病気もしていたところ、遂にそのツケがやってきました。

それが、今回の福島第一原発事故。
チェルノブイリ原発事故とは全く比較にならない放射能物質の量でした。
なのに、避難誘導もせず、放射線量を隠し、
あんなに非難したソ連(当時)よりずーーーーっと劣る日本政府、マスコミ。
汚染牛乳・野菜・肉を売り、水道も空気も汚染され、高・低濃度汚染水は海に垂れ流し、もう海産物も汚染されてしまい、しかもそれらの食品を全国にばらまき、ついでに放射能瓦礫も各地に持っていき、焼却して、東日本のみならず、日本中に放射能物質を飛散させ、人々を被曝させる。
安全な食べものなんて、ありません。
もう何を信じたらいいのかわからなくなりました。

それが今、直面している現実です。
50歳を過ぎた今、病気も得たし、命拾いもしている。今度はもう逃げません。絶対に。
歩きと人混みがまだ苦手な私、デモには参加出来ませんが、署名したりカンパしたり、twitterを読み、と出来ることをしています。
脱原発、どんなに難しくても、もう諦めません。

『原発のウソ』小出 裕章 (扶桑社新書) 2011/6/1初版 表紙カバー★★★★
*ネットで聞く話を復唱する感じでした。
いや、もう、小出先生の声が聞こえてくるほど、覚えるほどに聞き込んでいます。
[PR]
by umiusagin | 2011-11-14 21:29 | 読書日記 | Comments(0)

可哀想に、薄毛になってしまったイヌ

f0131628_20485772.jpgおととい、ペット病院へ連れて行きました。
すると「内分泌系のせいだね」というではありませんか。えぇっ?!
ハーネスにリセッシュを沢山吹き付けて、それにカブレタのではなく(アメフラ氏がやったそうで、非常に心配してた)、食べ物のせいでもなく、原因はわからない、というのです。
年取ったせいはあるらしいですが。

「このワンちゃん、丸坊主にしたら、もう毛が生えてきませんよ」と。
「かゆがりますか?」
そうなんですよ。だから、ノミ・ダニが付いているのかと心配してたんだけど。

「もう寿命だからとかですか?」
「いや、それはないでしょう」
このせいで死ぬことはないですね。ちょっとホッ。

f0131628_20484716.jpgふと思ったのですが、今回の発端は、いつだったかなあ、G・W頃かなあ(訂正:8/6でした)、首輪の金具で傷つき血の塊がついていて、慌てて獣医さんに行ったことから始まったのです。

その時は、獣医さんに言われたように血の塊の周りの毛を切って、薬を付けるよういわれたのです。飲み薬もあり。
で、それは治ったのですよ。
すぐに首輪も替えました。金具のないパチッとはめられるものに。

今回見ると、その毛を切ったところも、そっくりヒフが見えている。そんなことはなかった。
う〜ん、あのせいで内分泌系のバランスが崩れたのだろうか。

ちょうどハーネス周りのところのヒフが見えて来てるんです。
首の下、脇の下、胸、腕の後ろの毛。
この写真ではわかりにくいけれど。
ハーネスは刺激になるから、使わないように、とのこと。

f0131628_20483782.jpgシッポはちょうど口が届くところだから、自分で毛をかみとってしまい、だいぶヒフが見えています。可哀想に。

原因がわかればよかったのですが、不明じゃあねえ。対処の仕様もない。ま、理由がわかって後悔することもないのだけど。
もしや、放射能のせい?
外イヌだから3.11の日もその後もずーっと外にいます。雨にもぬれています。いやいや、なんでも放射能のせいにしてはいけません。

一応飲み薬を朝夕飲ませていますが、それで良くなるのでしょうか。う〜ん。
同じような病にかかって、それを克服したという方、治療法をご存知の方がいらしたら教えてください。
[PR]
by umiusagin | 2011-11-08 21:15 | わんこ | Comments(11)

イヌまでストレス?

f0131628_22215515.jpg最近、毛のつやもなくなり、やっぱり11歳だから寿命かなあ、と。
今日、目ヤニをとってやろうと思ったら、乾いて固まりになっていて、拭いてもとれない。そうか、もうずっとやってなかった。これまで毎日とってたのに。
お母さんのことでアタマがパニック、いっぱいいっぱい。イヌのことまで「ごはんをやる」以外に気がいかなかった。

ちょうど1年前に愛犬を失った人が、「昨日見たら毛がパサパサでビックリした」というのです。
「死ぬ前は、よく吠えるよ」。あ、吠えるようになった。。
「散歩行ってる時もコテンと転ぶよ」まだそこまでいってない。

元々、上腕裏の皮膚が見え、かゆがるから、ある種皮膚病?
1ヶ月くらい前、獣医に行って薬を飲ませていたんだけど、全然効かない。また行かなくちゃなあ、とは思ってたけれど、それだけじゃないみたい。

昨夜はイヌをお風呂に入れて、ドライヤーで乾かし、ブラッシング、リンゴの芯(好物)をやって。と室内でのんびり夜遅くまで遊んでやったら、毛もホワホワになったし、外に出していても吠えなかった。

あの2週間は、イヌだって、いつもと違ってたから戸惑っていたし、気を遣ってたものね。
私がまだ回復しないくらいだから、イヌだってストレス溜まってたのね。
気づかなくてごめん。

写真は夕暮れの情景。大根畑の先、遠くに見える半島の手前には海が横たわっています。イヌも入れようと思ったんだけど、動き回って、モデルにはなってくれませんでした。けど、元気ならそれでいいよ。
[PR]
by umiusagin | 2011-11-05 22:49 | わんこ | Comments(0)

母のその後

f0131628_13411531.jpg10/29、遂にアメフラ氏が不調に。寒気がすると葛根湯を飲んでいました。彼がダウンすると、もう機能しません。私はその前から、横になることが多く、元気なのは母だけ。
イヌも家の中がいつもと違う、と心配気味でした。

遡ること10/27は、こちらの病院の精神科を予約して初診療。
認知症の問診、チェックシートをすると、なんと「認知症じゃない」といわれたではありませんかっ!!!
じゃあ、気が狂いそうになるほど同じことを繰り返し説明して、
それでも忘れちゃって、もう説明しないで、
そうねそうねと言い続け、
お風呂に入ることを延々説得し(でも髪は洗わない。美容院でやってたと言張る)、
着替えもしない、洗濯もしない(クリーニングに出してたと)、
「人の家だから何もできない」と窓ひとつ開けられず(自分でさっさと開ける時もある)、水飲むのにも蛇口がわからないといい(自分でさっさと汲むこともある)、
三度三度食事も作り(食べないと薬が飲めないという)、
薬のチェック(一度私の降圧剤を間違えて飲んで、私がパニックになってから。私の降圧剤は強いのです)、
家に20分も一人で置いていけば、一人では気味悪かったといわれ、
毎日毎日、明日は世田谷に帰る、といわれ、
それで病気じゃないですって?!!!!
ただの物忘れ?!
歳のせいで?!!

10/29、母を世田谷の家迄、電車で送り届け、途中新宿のビックカメラで電磁調理器、電磁調理器用フライパンを購入し、帰宅後、その接続。
終電近くに三浦に戻り、その後私は寝込んでしまいました。
10/30はぶっ飛んでしまい、全く1日ありませんでした。
昨日は、なぜだか血圧が下がり過ぎ、89/71とか。上と下が近すぎ。一日中ぼんやりしていました。
草刈りをちょこっとしましたが、イヌの散歩は危険だから出来ず。

これからどうしようかと思います。
もうこちらで3人で生活するのは無理です。
これまで通り世田谷で独居してもらうしかありません。それがいつまで続くのやら。
考えるだけで、具合が悪くなってきます。私がしっかりしなければ!…とは思うのですが。
[PR]
by umiusagin | 2011-11-01 14:01 | 母の認知症 | Comments(3)