<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

読書日記2月1回目

f0131628_2326419.jpgグズグズしてたら2月も終わり!全然読書しなかったわけじゃないのに、アップしてませんでしたあ。

『オガサワラオオコウモリ 森をつくる』有川美紀子・鈴木創共著(小峰書店)2011/10/10初版 表紙カバー★★★★★
*コウモリってコワイ顔をしてるのに、オガサワラオオコウモリは優しい可愛い顔。目がクリクリしてるからだわね。
そういえばオガサワラオオコウモリって知らない!初めて聞いた名前。どんなんだろう?…と思ったら、懇切丁寧に、ニオイまで教えてくれるのです!
フルーツのニオイというのを嗅いでみたいですね〜ケモノくさくないんだあ。食べ物がフルーツだとそうなるのですねえ。
あれは「羽」でなく「つばさ」で、ヒフを伸ばした膜で薄いゴムのようだとか、赤ちゃんコウモリはおかあさんにピッタリくっついてるとか、満足度100%の本です。
写真もきれいだし、大判だから見応えありますよ。

『わがはいはのっぺらぼう』富安陽子:作 飯野和好:絵
(童心社)2011/10初版 表紙カバー★★★★★
*いや、もう面白いのなんのって。飯野さんの絵が素晴らしい!!
ネタバレになるから詳しく言えないけど、吹き出しちゃうところもある。文句なく良い、細部まで見て楽しめます。
目がなかったら見えないだろう、口がなければ食べれないだろう、性別は?なんて思うこと自体ナ〜ンセンス。
こんなのっぺらぼうの生活に憧れたり出来ない、とはいえ、ちょっと試してみたくなってしまう不思議さ。
私も、こんな絵本が作れたらいいなあ。

写真は河津桜。墨絵のように撮れて面白いかな、と。風力発電のある三浦、宮川公園で撮りました。
[PR]
by umiusagin | 2012-02-26 23:52 | 読書日記 | Comments(0)

三浦の風力発電

f0131628_2321213.jpgブンブンでかい音を立てて回る風力発電。
ここは三浦市、海を見下ろす高台にある宮川公園。そこに2機あります。

今日は写真の1機しか回っていませんでしたが。
昔の風車のように、風が吹くと回るのではなく、止めたり自在に調節できます。

風が強いから、この風力を使わない手はない、太陽光もいいし、波力もいけそう。
そういう開発が進んで、自然エネルギーが普及していきますように。
今でも、原子力発電なしでも十分電気が足りてるけれど、少しずつ石油から移行していきますように。

あいにくの曇天の中、家族連れやカップルが20組くらい来て、賑わっていました(これはかなり多い方)。
日曜だから駐車場(無料)にはオープンカーやらカッコイイ外車もいましたよ。

アメフラ氏が宅急便まで行くというので、イヌを車に乗せていきました。右下にちいちゃく写っている赤い鞄がアメフラ氏、その左に白いイヌ。よく見えませんよね。いかに大きいかが、わかるかなあ。
[PR]
by umiusagin | 2012-02-26 23:26 | 原発事故 | Comments(0)

新しいペットクリニックへ

f0131628_2057617.jpg隣家の人、あまりに哀れなイヌの姿を見て、あちこちいろいろ調べてくれて、結論は血液検査をした方がいい、それをしない獣医なら他に行った方がいい、とのこと。諦めていた私、春になれば毛も生えてくるかもと楽観視していた私も、遂に重い腰を上げました。

前から勧められていた、ちょっと遠い「Nクリニック」。その時は、別に他に行く必要もないし、と思っていましたが、今回遂に行くことに。

女医さんひとりでやられているペットクリニック、イヌのシッポを見るなり「甲状腺機能の低下だわね」と。
ちゃんと治る、また毛がフサフサ生えてくる、2ヶ月くらいかかるけど、このワンちゃんまだ年取ってないわよ、全然大丈夫、と。

診察室にはデカイ猫ちゃんが2匹。でも知らん顔。
ワンちゃんが落ち着くまで診察しない、抱っこしたままで構わないからと、結局抱いたまま血液検査。
血を採るのは、甲状腺機能がどの程度低下しているか調べて、それによって薬の量を決めるのだそうです。

以前の獣医に言われたように、もう一生毛が抜けたまま、と信じて、寿命も近いかも、これも運命、朝カーテンを開ける度、ぼろ布のように死んでるかも、といつも不安でした。
それがもう一度毛が生える?まだ十分生きられる?…涙が出そうでした。

甲状腺機能が低下すると腫瘍やガンになりやすいの、(イヌのアゴ下を触って)あ〜、ないわね、大丈夫よ。
遺伝的に甲状腺機能が少ない子もいるのよ。(放射能の影響で、コドモに出やすいのが甲状腺ガンよね)

かゆがるなら、脱毛がひどくならないよう「セレスタミン」を飲ませてといわれ、「セレスタミン」?!
それ、いつもアレルギー用に私が飲んで、どうしようもなく眠くなっちゃう薬じゃない!
イヌに服用させると、少し眠くなってかゆくないそうで。同じ仕組みなのね。

シッポをむしらないようエリザベス(違う名前でした)をくれて、今回使わなくても、また必要な時にでも、と。セレスタミン10錠、他に歯ブラシ(磨かなきゃいけないんですって!やったことない)、歯磨きガム2本、しめて¥8000強(血液検査が¥7000。外に出すそうです。初診料¥500!それって安くない?)。
数日後、血液検査の結果が出たら、薬をもらいに行くそうです。

外に出たイヌは、エリザベスをつけたもんだから、ニオイもかげない、道路や塀にエリザベスが当たりザリッという度にビクッ。結局オシッコできませんでした。小心者だからね。

人間と同じで、セカンドオピニオンって必要なんですね。1軒だけで決めちゃいけないんですね。
他所へいったからって大して変わらないんじゃないの?とタカをくくっていましたが、違うみたい。
まあね、まだわからない。薬を飲ませて約2ヶ月後、毛が生えて来たらはっきりすること。それまでは不明。
しかし、今後死ぬまで、その薬を飲ませなきゃならないのかな。
[PR]
by umiusagin | 2012-02-21 21:21 | わんこ | Comments(0)

チームKNGの集まり

f0131628_232153.jpgTwit No Nukesの集まりが、上大岡でありました。
写真は、そこから見た富士山がとてもきれいだったから。

上大岡駅って下りるの初めて、
ひとりで電車に乗るのも今年初めて、
サイゼリアのドリンクバーも1回しか経験ない。というのも、うまく歩けなくて、人に当たってこぼしたら大変だから。

でも、うまく歩けたの!
これなら、デモでも少しは歩けるかなってくらい。
けど、翌日からはいつもより酷くなっちゃって、みんなの前では緊張して、うまく歩けるんだなあ。

でもねえ、すっごくうれしかった!!
ひとりで参加して、普通に出来たもんって、コドモみたいだな。
原発事故は、モチロン良くないし、絶対に止めなきゃならないけど、おかげで世界が広がり、志を同じくする仲間が出来て、といいこともあるんですね。
[PR]
by umiusagin | 2012-02-18 00:00 | Comments(0)

Twit No Nukes _KNG

f0131628_23131430.jpg

f0131628_2313792.jpgTwitNoNukes神奈川のアイコンできました!
廃炉熊=ハイロクマって名前です。
だから、色も灰色なんです。え、ダジャレ?まあ、そうでもあるんだけど、
みなさん、ヨロシクお願いしま〜す!
[PR]
by umiusagin | 2012-02-13 22:27 | 原発事故 | Comments(0)

檸檬と柚子の苗木

f0131628_12291879.jpgレモンとユズの苗木を買いに行った一昨日のこと、
果樹を植えるなら培養土も必要と思い、さー、大変。
培養土は汚染されてるって話で、ずっと買わなかったし、なくて済ませようと思っていたのですが、
今回はそうも行かない。

売り場は、どれも「検査済み」とあり、産地はほとんど福島、福島にブレンド栃木、一種類だけ栃木。
検査済みというのは、政府基準の基準値以下ということ。
シイタケにも出てるしなあ。それを買うってことは、うちの菜園にも混じるってわけで、だからって培養土をその度にはるばる遠くからは取り寄せられない。
じゃあ、もう、うちで作らないで、なんでも買えばいいってこと?
…それも違う。うちのはモチロン、近所の野菜スタンドのは産地偽装がないから安心と思ってたけれど。

農家さんたち、「去年はいいとしても、今年は土を購入しなくちゃならない。最長5年は新しい土を入れなくても平気」と聞いたたけど、「でもやせ細っていくから、5年より前には足すね」といわれたっけ。まあ、どこの土を買うかによるけれど。

うちの方は比較的きれい、といわれても、そうはいかなくなってくるんだ。
こうやって、じわじわ追いつめられ、段々逃げられなくなって行くんですね。は〜。
今のところ、うちでは野菜には使わないつもりだけど、今後ずっとというわけにはいかないな。
でも絶対に負けない!最後まで頑張る!闘う!
[PR]
by umiusagin | 2012-02-12 12:57 | 原発事故 | Comments(0)

ゴミ焼却の煙突

f0131628_1828322.jpg右端に見えるのは、ゴミ焼却の煙突。
煙が出てますねえ。
今日は日曜日なのに、お休みじゃないんですね。

ここからセシウム134や137、ストロンチウム、いろいろな核種が家庭ゴミと共に燃やされて、空に吹き上がり、また大地に降り積もるのですね。
それをまた集めて、ゴミに出して、燃やして、煙突から撒き散らす。この繰り返し。
永遠に終わりがない。エンドレス。
これだけでも十分汚染されているのに、震災瓦礫を燃やして、更に放射性物質を増やす、というのです。
折角、ここで止めようと思っても、
いくら内部被曝をしないよう食品に気をつけても、
外部被曝は増える一方。

カモメたちは、いつも通り、海の中で泳いだり、潜ったり、楽しそうにしているのに。
奥に見えるのは地引き網。
のどかに見えるのに、海は汚染されています。悲しいです。
[PR]
by umiusagin | 2012-02-05 18:44 | 未分類 | Comments(0)