<   2013年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ベッドルームは、ぽかぽかふわふわ〜

f0131628_21394221.jpg
f0131628_21445471.jpgブランチをつくっているあいだ、
いつもならイスかソファの上に居る春ぼたん、
どこにいるの?

探したら、ベッドの上。

「なにかようですか? 
 ごはんできたら、よんでください。
 それまでぬくぬくしていますから」

そうそう、この部屋、南向きだから
ひあたりがいいのよね。
でもってフリースの毛布はきもちいいでしょうよ。

「フランネルのシーツもです」
はいはい。

f0131628_21451455.jpg

さむくなって、さむがりジャックは、ものぐさジャック。

「キモチいいから
 耳のした、かいちゃおう。
 カリカリ」
はいはい。
お好きにどうぞ。

外は木枯らしぴゅーぴゅー、
けっこうなさむさです。
でも、ここはひがあたって、ぽかぽかふわふわぁ〜

イヌは、ひだまりで、おひるね〜

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by umiusagin | 2013-11-29 21:40 | わんこ | Comments(0)

三浦海岸、夕焼けの中の散歩

f0131628_2035214.jpg
f0131628_20363859.jpg砂浜に大根がずらーっと並ぶのは、三浦海岸、冬の風物詩。
テレビや新聞のニュースにもなるくらい。
潮風で小さくしぼんだら、沢庵になります。

今日は、すごーーーーく風が強く、寒い日でした。
春ぼたん、ペットヒーターの上に寝そべりヌクヌク、
外に出るのもイヤがったほどの寒がり。
夜寝るときは、私の布団にもぐりこんでくるくらい。

外は冷えるので、春ぼたんに服を着せ、初めてのお散歩。
これまで、東京へ行ったPAでちょろっと着せただけ。
ハーネス大キライ、服はもっとキライ。なのに大丈夫?
ハーネスとは色が合ってたけど。そういう問題じゃない?

海も砂浜も建物も、向かいの房総半島(映っているのは三浦
半島)も夕焼け色に染まって、輝いて。あぁ、きれいだなあ。
f0131628_20374435.jpg

f0131628_20375211.jpg夕方の散歩に、いろいろなわんこ達がやってきました。
足やカラダが汚れるからか、砂浜におりるわんこは少ないです。

ベージュのモシャモシャは、アメリカンコッカー
スパニエルとトイプーのMIXだそうです。
お顔も見えないほど毛に包まれ、春ぼたんと追いかけっこ。
飛び跳ねてクルクル走り回り、8歳だと思えないほどパワフル!

バーニーズマウンテン、デカイ!
春ぼたんとの顔のサイズの違いといったら!
ま、ふつうのバーニーズに較べたら、小柄な方ですけど。

頭も胴体もデカイけれど、足の大きさといったら!!
いやはや、すごいですねえ。
けど、とてもおとなしくて友好的、おりこうさんな
おとこの子でした。

f0131628_2038117.jpg
f0131628_21553638.jpg
f0131628_20381974.jpg










「あかずきんちゃん」と呼んでいましたが、赤いロビンフッドにも見える?
裾のフリルとウエストベルト(に見えるハーネス)のせい?
この写真だとイヌというよりはネズミ、あるいは何か他の生物みたい。
はいはい、服キライなんですよね。
明日も寒いらしいですよ(笑)。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by umiusagin | 2013-11-28 20:39 | わんこ | Comments(0)

ヘソ天だっ?!!

f0131628_21582149.jpg朝の散歩時、うちの菜園の雑草山の麓で、いきなりヘソ天!!
えっ、なぜ?なぜ?なぜ?

1カ月くらい前、うちのミニトマトを刈って、雑草の山に積み上げていました。
その時のグリーンの実が、イエローやオレンジ色に熟し、このヘソ天の下に、、。
破裂した皮、たねがぁーっ?!
うひーっ、腐ってるんじゃないの?

この状態、室内で見たことある!!
菜園から穫って来た「紀伊国屋小みかん」、かごの中からくわえて持って行き、ソファの上でヘソ天してた!!
その時は、柑橘系の香りならついてもいいかぁ、うちのは皮が硬いから割れないし、と思いながら取り上げました。

次にみかん園でヘソ天。
この時は、みかんの汁がべったりついて、拭いても拭いてもとれなかった。。。
柑橘系の香りゼロ。。
f0131628_2234098.jpg
そういえば、むか〜し、
まだ今のところに住む前、相模湾側にいた時のこと、
となり(大家さん)の家に、アイリッシュセッターと
ゴールデンレトリーバーがいました。

その時も菜園をしていた私、
肥料は魚屋さんにいただく魚のアラ部分。
それを菜園にある鍋や甕に入れ、水を浸し、
夏なら1カ月で、くさ〜いくさ〜い肥料が完成。
これが野菜の肥料としては理想的だったんです。
しかもタダ!

どんなニオイかというと、よく言えば「くさや」に近い。
鼻が曲がりそうなニオイで、翌々日くらいまで、
カラダから臭うほど染み付いて。。

f0131628_2235736.jpg
昔は、その辺では「キリダル」と呼んでいたそうな。
(魚を切って樽にいれていたからじゃないかとか)

それを、となりのゴールデンレトリーバーが蓋をぱーんと外し、
クサイ鍋の中に顔を突っ込み、
ヘソ天でカラダ中をスリスリしたらしい。
奥さん「洗っても洗っても、ニオイがとれない」
と文句たらたら。

うちの肥料が減った、と言えるような状況ではなかったんです。
あのニオイが?!と思うと、同情しました。くくく。

それも一度や2度じゃないんです。
モチロン、重しをのせていましたよ。
ネコやタヌキ、アライグマ、み〜んな好きなんだもん。
彼らには、重しを動かせなかったんだけど、
ゴールデンレトリーバーじゃね〜。

f0131628_225872.jpgそのゴールデンレトリーバーも他界。
オバカで、かわいく、イタズラしても憎めないやつだったなあ、と今でも懐かしく思い出します。

な〜んて昔話に浸っていたら、
うわっ、喜々として食べてるじゃない?!!
げげっ、大丈夫? 
おなか、壊すんじゃないの?
慌てて、引っ張って辞めさせました。

背中はトマトの汁&泥だらけ。
服を着ていないから、毛を拭けば済むと思ってましたが、
とれない!ひーえーっ!!
幸い、ニオイはない(←これ重要)。

…その後、もどすことも、おなかを壊すこともなく、
元気にしています。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by umiusagin | 2013-11-27 22:32 | わんこ | Comments(0)

ノエルさんがやってきました

f0131628_14335581.jpg

f0131628_1434461.jpg11/24の日曜日、ぽかぽか陽気で、青い海、青い空、
ノエルさん一家がやってきました。

お目に掛かるのは初めて。そして前々から約束していたわけじゃなく、おととい急に決まったこと。だからブランチもなし。といっても、私は「バネ指」で右手をぐるぐるホータイ巻きにしているから、お料理できないし。

シエラさんとダンナさまは、とても爽やかなご夫婦、景色をとーーーっても気に入ってくれていたからよかった。

ノエルさんはクールでドライなおんなの子。
春ぼたんがしつこくしつこく、ホントにしつこく、追いかけたり、ニオイをかいだり、ちょっかいだしたりして、そのたびにうなられたり、叱られたり。

しかし、春ぼたん、ポジティブな性格だから、そんなことには全くめげません!!
うなる遊びがしたいなら、あたしもうなるよ、とばかりに、やってみせたり。
空気読めない、嫌われてることに気づかず迫りつづけるオンナっていますよね〜。そんな感じ。困ったなあ。

いや、もう、私がノエルさんでも、こんなにしつこく、うるさくまとわりつかれたら、「いい加減にしてー!!!」と怒鳴りますよ。ごめんね、ノエルさん。

私が作ったカフェマットやわんこ服も見てもらいました。
f0131628_14342296.jpg
f0131628_1434389.jpgノエルさんの首輪やハーネスもつけさせてくれました。首のまわりがふかふかしている方が、カラダの負担がなくていい。
けれど、春ぼたんはハーネスが大キライなんですよ。。

おみやげに焼いてきてくださった、名前入りクッキー。
春ぼたんは、すぐにじぶんのだとわかって、大喜び。
この写真を撮るのに並べていたら、そわそわ。人間用クッキーだと知らん顔なんですよ。なんでわかるのかなあ。

f0131628_14342948.jpg蝦夷鹿の骨は、ノエルさんも大喜び。
ちょっとノエルさんが目を離した時に、春ぼたんがさっと捕り。わんこ達に大好評!

ブーメランのおもちゃもいただきました。
「これはカジカジするおもちゃじゃないの!!」と言っていますが、外で投げる前に壊されそう。

一緒に、砂浜も散歩しました。
波をかぶって足が濡れたノエルさん、それからは思いきりがよくなり、波に向っていました。頼もしい!
春ぼたんは波が怖くて遠目に見るだけ。

たのしいひとときをありがとう。
ノエルさんたち、また来てくださいね。
きっと春ぼたんはうるさいままだろうけど。。。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
にほんブログ村
[PR]
by umiusagin | 2013-11-25 16:10 | わんこ | Comments(6)

水墨画のような鋸山

f0131628_13584021.jpg
きのう・おとといの青い海、青い空、暖かい気温とはうってかわって、
利休鼠色の海と空、肌寒く、今にも雨が降りそうな、泣きそうなお天気です。

f0131628_140421.jpgきのうまでの天気だったら外のテラス席でもOK、
と思いましたが、これじゃねえ。

鋸山も、ここは中国?というような水墨画風に、
雲の上にあたまを浮かべています。

カラスウリの朱色の実が、寒そうにぶら下がっていました。
もうじき12月。冬が到来します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by umiusagin | 2013-11-25 14:08 | 晴ればれ日和 | Comments(0)

自著が韓国で出版!

f0131628_1453208.jpg私が絵を描いた、
算数絵本『ながさ』と『おおきなかず』、
韓国で翻訳出版されることになりました!うれし〜!

ながさ』2011/5/20出版
おおきなかず』2012/1/20出版
なので、そんなに前の作品ではありません。(単に「たまには仕事してるのですよ」というアピールです〜)

どんな絵本かというと、こんな
f0131628_14564884.jpg
f0131628_14571888.jpg
見開きで気に入っている絵柄
f0131628_155986.jpg

5巻セットで『くりあがりのあるたしざん』『くりさがりのあるひきざん』『かけざん』
もあるのですが、計算法が違うとかで2冊だけ。

大月書店さんのHPはコチラ

f0131628_155534.jpg同じ日、『セイリの味方スーパームーン』を鹿児島県の学校教材に
使いたい、というお申し出が出版社の方にありました。 

『セイリの味方スーパームーン』1998/6月に出版、
やや昔になりますが、版を重ね、
こっくんこっくんと息づいていてくれて、
うれしい限りです。
f0131628_15245268.jpgありがとう。

偕成社さんのHPはコチラ

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by umiusagin | 2013-11-22 15:06 | オシゴト関係 | Comments(0)

おだやかな青い青い海

f0131628_1358771.jpg
きのうは風がびゅーびゅーで、あまりの寒さに「散歩用ズボンは風を通さないものにしないと」
なんてイヌ友さんたちと話していたのに、
一転、今日は風もなく、日だまりが暖かい、おだやかな日となりました。ほわ〜ん。

f0131628_13581725.jpg11/18に「弾発指」と診断され、通称「バネ指」。
「医者に行けば、すぐ手術だよ」と治療師に図解され。
「湿布して、使わないように」と。
思っていたより大変かも、と気づいたアメフラ氏、全面的に協力してくれることになりました。よかった。

湿布薬を貼り、ガーゼで止め、包帯でぐるぐる巻きにして、テーピング。親指は動きません。
(この湿布薬のニオイで、春ぼたんがサーッと逃げます)
なので、水仕事はできず、包丁も堅い物は切れないし、雨戸の開け閉めもできず、菜園で収穫すらできない。
モチロン字は書けないし、ミシンも、たねまきもできません。
つまり、何もできない。。
キーボードは大丈夫だったの。親指を使わなくても打てるから。

右手の親指(つまり同じ箇所)に主婦がなりやすい病いだそう。
ミシン?菜園のカマ?はたまた帽子編みか?
イラスト仕事をしていた時は、右手にはかなり気を遣っていたので、気持が緩んだのかも。
この状態はいつまでつづくのかなあ。。。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
[PR]
by umiusagin | 2013-11-21 14:15 | 晴ればれ日和 | Comments(0)

「パン・オ・ヌフ」は天然酵母のパン屋さん

f0131628_1320563.jpg

f0131628_13201156.jpgモーリス・ユトリロ他たくさんの絵描きさんが描かれたパリの街、両側に道が広がる中央の建物を想起させる、
パン・オ・ヌフ」。
天然酵母のパン屋さんです。

元々は目の前に海が広がる津久井浜で、建築&不動産を手掛ける「コモハウス」さん。
或る日、店がなくなっていて、どうしたものかと案じていたら、こちらに移られたようで。
しかし中々オープンせず、内装に凝られているんだろうなあと思ったり。

まさか、パン屋さんをはじめるとは思いませんでした。
美味しいパン屋さんがなくて、パン食は諦めつつあったので、とってもウレシイ!!

三崎警察の近く、いなげやの向かい。
2台分の駐車場があるので、行ってみてくださいね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by umiusagin | 2013-11-21 13:19 | パン焼きの日々 | Comments(2)

ラフのジャックちゃん親子と戯れる

f0131628_043169.jpg近くに
ミナレットのような東電(!)火力発電所、
はるか向こうに房総半島を望む、
ここは野比公園、
海は東京湾です。

キレイに整備されて、
長く歩け、
ずーっと海が眺められ、
いろんなわんこちゃんたちに会え、
買い物(カインズやエイビイ)の
帰りに立ち寄れて便利、
お気に入りの場所です。

ガウディのようなオブジェもありました。

f0131628_043134.jpg








ジャックちゃんたち発見!
すると、なんとなんと、春ぼたんが来る前に、話を伺いに行ったわんこたちではないですか!!
友達の隣家の子たちで、ラフでお顔もかわいくて、私にとっては100%好みのジャック!

f0131628_0432263.jpg

f0131628_0433322.jpg何年も触っていたら、親子と聞いて。
それなら兄弟がいるかも知れない、と意を決して聞きにいったのです。今年のはじめ頃かなあ。
もう生まれない、と聞いてガッカリ。。。。

その後、春ぼたんと出会って。
友人は『あんなに言ってたのに、違う犬種を飼ったのね』と思ってた、と最近露見(笑)。

だって、全然似てないものねえ。
同じ犬種とは思えない。

親子とはいえ、同じ服を着てるから、写真ではどっちと遊んでいるのかわからない。
可愛いなあ、ラフの子。
もう1頭飼うなら、絶対ラフの子!
色も柄も、こんな感じの子!
そして春ぼたんと遊び続けて…
思い浮かべただけで、あ〜かわいい!!


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by umiusagin | 2013-11-21 00:44 | わんこ | Comments(2)

はじめて、兄弟犬とのご対面!

f0131628_22595694.jpg

f0131628_230722.jpg生後3カ月弱で別れてから、
はじめての対面です。
「覚えているかなあ」と心配していた飼い主たちの心配をよそに、すんなり遊びはじめたじゃぁないですかっ!

「久しぶり!」
「おっ、兄弟じゃん!」
「あー、思い出したっ!」
てな感じは全くなく、
それでも、わんこプロレスのような激しさも全くなく、

f0131628_2301499.jpgごく自然に、スローテンポで、ずーーっと何時間も二頭で追いかけっこや絡み合いをしてました。室内で。

三頭で生まれたけれど、一頭は他界。
なので双子ちゃんに。
物心つく前から、毎日毎日一緒のサークルで寝起きして過ごし、ずーっと二頭で転げ回ってたんだもの。
その感覚を忘れるはずないよね?

アタリマエだけど、そっくりなんです!
柄と大きさがちがうだけ。
左のアイパッチが、うちの春ぼたん。オンナの子。5.6kg。
右がアポロくん。オトコの子。4.2kg。

双子ちゃんでも、体重が違うでしょ?
うちの子が大きいというか。アポロくんを抱っこしてみたら軽くて、「あー、こんな時代もあったよねえ」とアメフラ氏に告げ、彼も抱っこしてみました。

f0131628_2302226.jpg砂浜を散歩すれば、二頭は顔をくっつけながら歩きます。

離れている時間も長く、違う環境で育っているのに、すぐに打ち解けて、兄弟姉妹って、血がつながっているって、ホント微笑ましいのですね。
私は一人っ子なので、兄弟姉妹の長所も短所もわかりません。だから、余計に羨ましく思えました。

多頭飼いも、赤の他人より、兄弟姉妹の方がすんなり仲良くできるのかも、と思いました。

兄弟犬の飼い主同士も、なんだか親戚になったようで、打ち解けて、楽しい時間を過ごしました。

次回は、アポロくんのおうちにお邪魔する予定です。
一緒にドッグランで遊ぼうね!

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by umiusagin | 2013-11-18 23:48 | わんこ | Comments(0)