人気ブログランキング |
<< 自著のご紹介〜 竹久夢二 震災スケッチ展に行っ... >>

もしかして、チェルノブイリの影響?

f0131628_0564014.jpg昨日、ツイッターで25〜27歳の人がどんどん死んでいく、これはチェルノブイリのせい、という記事を読んで、ふと思いました。
もしかして、私もそうだったの?
そんなこと、今まで考えたこともありませんでした。
父も祖父も血圧が高かったから、ずっと遺伝性のことと思っていました。ただ父は62歳、祖父はもっとあとで発病、なのに私は46歳、あまりに早くない?、少しずつ早くなる?とは思っていました。
まあ、バリ島のブラックマジックのせいじゃないかという疑いが濃厚な線でしたけれど。
それが、まさかまさか放射能のせいだなんて、昨日まで一度たりとも考えたことがない。なんでも放射能のせいにしたくないし。それは今でもそう思ってます。

チェルノブイリは1986年。
私は2006年に突然、いきなり倒れた。
てことは、ちょうど20年じゃないですか!!
1960年代までに核実験多発。その頃生まれた人は…という表記もあり、私1958年生まれ。真っ最中じゃない!

確かに脳血管障害が多いといっていました。
今となっては、因果関係もわからない。
何が原因、ということが判明できないことが、当事者にしてみると、都合がいいのですものね。
まさかまさか、自分が過去の事故に関係していると思ったことはありませんでした。

あの時、生かされたことにはなんらかの意味があるはず。
事実、医者らに限りなく言われましたよ。死んでいてもおかしくかった、寝たきり、半身麻痺、社会復帰なんてとても考えられない状況、と。
私に何ができるんだろう。今、出来ることをやり抜くしかない。今でも十分汚染されてしまった大地を、これ以上ひどくさせないために何が出来るか、いつもいつも考えています。
by umiusagin | 2011-09-17 00:00 | 病気のこと(小脳出血)
<< 自著のご紹介〜 竹久夢二 震災スケッチ展に行っ... >>