2007年 07月 30日 ( 1 )

読書日記7月ー2

朝から一日変な天気ですね。
涼しくて過ごしやすいのはいいけれど、突然雨が降り出すのは困りますね。
急に雷が鳴ったりね。稲光りとか。
f0131628_2014697.jpg
さて今回は…

『愛って、なに?』スザンナ・タマーロ(草思社)2001年10月
*あまりに酷く暗い状況に夢中になって読みました。
救われるような、救われないような。人生は、あまりにも辛く苦しい。

またまたタイトルに問題ありです。
原題『RISPONDIMI』は、翻訳サイトで「YOU ANSWER to ME」だそうです。
もっといいタイトルはなかったのかしらねえ。営業の言い分かな。

『東京・自然農園物語』 山田健 (草思社)2007年3月
*最近、草思社さんの本が多いですねえ。
舞台は東京の農園、なんの繋がりもない、ただの借家人4人が相続する設定で、結構楽しめました。
ただ、野菜作りについてほとんど書かれてなかったので残念。たねを蒔けば作れちゃうなんて、そんな簡単じゃないんだよ〜。

絵本『ルピナスさん』 バーバラ・クーニー (ほるぷ出版)1987年10月
*こんな人生を送りたいなあ、何度も読み返してボロボロになっちゃった、という方にいただきました。(いただいたのは新品ですよ。2007年3月に35刷というのには、ちょっと羨ましくもあり)
しみじみ、いいお話です。

ルピナスは私も好きな花。なのに、ローズ・ゼラニウムの陰になっていたからか消えていました。
ビネッテ・シュレーダーさんの『おともだちがほしかったルピナスさん』も好きです。特に絵が。

今回は食について、私の考えを記します。
雑紙『AERA07.7.30』(朝日新聞社)
『AERA臨時増刊No.358/1号 安心・安全を食べたい』(朝日新聞社)
*元々食品が信じられなかったのに、ミートホープの件まで明るみになって驚きと共に、やはりという気持ちでした。しかし、ここまで酷いとはね。
読んでいると怖いことばかり。でも、知らずには済まされません!絶対に!
ホントに洗えば、ゆでればetc.で農薬が落ちるの?
そんなにしてまで食べたくない。
そうしないで、なくしましょうよ、農薬、食品添加物。きっとできる!

自然食品を食べてればいいのかも知れないけど、何から何まで自然食品では賄えません。高いしね。時にはコンビニやファストフードでだって食べます。
野菜は自分で作れば安心です。でも全種類ではないし、お米は作れません。
そうやって気をつけていても、倒れるんです。だから、このくらいで済んだともいえるし、それはわからないことです。

食品添加物が蓄積したら、必ず身体が悪くなるかどうかもわかりません。
でも、そんなことを考えずに済むようにしましょうよ。
きっと変わっていけると思います。
[PR]
by umiusagin | 2007-07-30 20:50 | 読書日記