2007年 08月 30日 ( 1 )

通り矢で釣りを

”雨はふるふる 城ヶ島の磯に 利休鼠の雨がふる ”
で始まる『城ヶ島の雨』。

f0131628_21392433.jpg北原白秋の歌碑は橋の左にあります。
ちなみに「白秋記念館」は未踏です。

ここは 通り矢。
釣りのポイントなので、たくさんの人達が釣り糸を垂れていました。
”船はゆくゆく通り矢のはなを”
歌詞に出てくるのは、今回初めて知りました。

「利休鼠」という種類のネズミがどんどん降ってきたら怖いですよね〜
まるで『はれときどきぶた』(矢玉四郎 文・絵 岩崎書店)みたい。
でも、違うんですねえ。利休鼠とは緑がかった灰色のことです。
えっ、そんなことわかってる?
そりゃどうも失礼いたしましたぁ。
[PR]
by umiusagin | 2007-08-30 22:04 | 裏釣れズレ日記