<   2007年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

二ヶ月ぶりの病院

涼しいのを通り越して、肌寒いから七分袖のシャツで出掛けました。
いつも1時間近く並ぶ駐車場、なぜだかすぐ。
診察室も10分位で名前を呼ばれ、今日は狙い目でした。
雨と暑い夏は人が少ないかとは思いましたが、今日は特別少ないみたい。

前回から新しくいらした女性の先生になって、
「1〜2ヶ月運動をしたからといって、すぐに薬は減らせませんよ。減らして、また倒れたら困るでしょう?」
そうそう、私もそう思ってたの。
「夏は暑くて熱中症になっても困るから、運動しなくてもいいですよ」
わ〜い、よかった。運動どころじゃないんだもん。
「血圧も安定していて、他から出血することもなさそうだし、大丈夫でしょ」
だそうです。この先生、優しいから安心できます。

今までの男性の先生達は、寝たきりとか植物人間とか、目眩は一生とれないとか脅かすからね、その都度悩んじゃった。
次は9月の終わり頃。もう涼しくなっているかな。
病院を出ると、信じられないくらい暑かった!!汗だらだら。
f0131628_22451529.jpg
写真はオレガノの花です。咲いちゃうと食べれないんだけど、花も綺麗だからね。
うちの土地はオレガノとすごく相性がいいみたい。はびこっています。
[PR]
by umiusagin | 2007-07-31 23:13 | 病気のこと(小脳出血)

読書日記7月ー2

朝から一日変な天気ですね。
涼しくて過ごしやすいのはいいけれど、突然雨が降り出すのは困りますね。
急に雷が鳴ったりね。稲光りとか。
f0131628_2014697.jpg
さて今回は…

『愛って、なに?』スザンナ・タマーロ(草思社)2001年10月
*あまりに酷く暗い状況に夢中になって読みました。
救われるような、救われないような。人生は、あまりにも辛く苦しい。

またまたタイトルに問題ありです。
原題『RISPONDIMI』は、翻訳サイトで「YOU ANSWER to ME」だそうです。
もっといいタイトルはなかったのかしらねえ。営業の言い分かな。

『東京・自然農園物語』 山田健 (草思社)2007年3月
*最近、草思社さんの本が多いですねえ。
舞台は東京の農園、なんの繋がりもない、ただの借家人4人が相続する設定で、結構楽しめました。
ただ、野菜作りについてほとんど書かれてなかったので残念。たねを蒔けば作れちゃうなんて、そんな簡単じゃないんだよ〜。

絵本『ルピナスさん』 バーバラ・クーニー (ほるぷ出版)1987年10月
*こんな人生を送りたいなあ、何度も読み返してボロボロになっちゃった、という方にいただきました。(いただいたのは新品ですよ。2007年3月に35刷というのには、ちょっと羨ましくもあり)
しみじみ、いいお話です。

ルピナスは私も好きな花。なのに、ローズ・ゼラニウムの陰になっていたからか消えていました。
ビネッテ・シュレーダーさんの『おともだちがほしかったルピナスさん』も好きです。特に絵が。

今回は食について、私の考えを記します。
雑紙『AERA07.7.30』(朝日新聞社)
『AERA臨時増刊No.358/1号 安心・安全を食べたい』(朝日新聞社)
*元々食品が信じられなかったのに、ミートホープの件まで明るみになって驚きと共に、やはりという気持ちでした。しかし、ここまで酷いとはね。
読んでいると怖いことばかり。でも、知らずには済まされません!絶対に!
ホントに洗えば、ゆでればetc.で農薬が落ちるの?
そんなにしてまで食べたくない。
そうしないで、なくしましょうよ、農薬、食品添加物。きっとできる!

自然食品を食べてればいいのかも知れないけど、何から何まで自然食品では賄えません。高いしね。時にはコンビニやファストフードでだって食べます。
野菜は自分で作れば安心です。でも全種類ではないし、お米は作れません。
そうやって気をつけていても、倒れるんです。だから、このくらいで済んだともいえるし、それはわからないことです。

食品添加物が蓄積したら、必ず身体が悪くなるかどうかもわかりません。
でも、そんなことを考えずに済むようにしましょうよ。
きっと変わっていけると思います。
[PR]
by umiusagin | 2007-07-30 20:50 | 読書日記

アピオス

f0131628_23431785.jpg去年の春、植えてもらった『アピオス』。
もう消えたのかと思っていたら、花が咲いているではないですか!

回りに蔓植物(ヤマイモとかヘクソカズラなど。切ってもらったはずなのに全然元気)があり、わかりませんでした。

ゆでて食べると、おいもみたいな、ピーナツみたいな不思議に味わい深い。
なんで知ってるかって、植える前に、スーパーで買って食べてみたからですよ〜

今年は穫れるかなあ。その前年に植えたヤーコンもそのままだし。

花は葛みたい。葉はインゲンぽい。そう、マメ科なんですね〜
和名『アメリカホドイモ』。
ネイティブ・アメリカンが食べていたとか。

選挙特番を見ていたら、外はものすごい雷!
今日は信じられないほど暑かったからねえ。
二回も停電して、ろうそくまで出してきたくらい。
電気はすぐについたけど、民主党が逆転して、もうびっくり!!
そんなことはないかと思ってた…。
しかし、あの「万歳コール」は辞めてほしいなあ。
[PR]
by umiusagin | 2007-07-29 23:43 | 野菜レシピ

ペリー公園の夕焼け

あまりの暑さに、日中はエアコンの部屋に入り浸り。
うしろめたい気持ちもあって、昨日から帳簿付けなどしています。
身体がなまるので(もちろん運動はしていませんよ。この暑さだもん、生きているのがやっと)、夕方『関根釣具店』に伺ってから、岸壁の釣り客らを眺めて、『ペルリ公園』へ。
f0131628_22112587.jpg
「太平の眠りをさます上喜撰 たった四はいで夜も寝られず」は有名ですね。
いつから『ペルリ』が『ペリー』になってしまったんだろう。
オランダ表記の『ペルリ』の方が面白くて、好きだったのにな。
f0131628_2212544.jpg
こんな洋館もありました。
資料館なんだそうです。16:30終了ということで、覗くことすらできませんでした。ちょっと残念。

花火の日、7月14日はここも人で埋まってしまうのかな。
残念ながら、今年の花火は台風で中止だそうです。
[PR]
by umiusagin | 2007-07-28 22:22 | 小旅行

今年いちばん暑い日

いや〜、信じられない暑さでしたね。
東京の治療院まで行きましたが、道中、暑い上に渋滞で、踏んだり蹴ったり。
先生は「すごくよくなってるよ」とおっしゃるので、
「うまく歩けなかったり、調子悪いんですよ!」というと、
「う〜ん、そりゃあ、気圧のせいだよ」と。
簡単に言わないでよね〜そういえば、来る途中、暑いのに空が青くないのはなぜ?と思っていたんです。気圧ね〜…
f0131628_20574864.jpg
さて、雷門、仲見世通り、と来れば、次は本堂へ進みますよね。
これが浅草寺(せんそうじ)。

なぜ「あさくさでら」ではないのか。或いは地名が「せんそう」とか。
詳しくないので、その辺の理由はわかりませんが。

おばは、喪中なのでお参り出来ないそうです。
そういう決まりがあるんですね。
f0131628_2058772.jpg
ご本尊は聖観世音菩薩、中々ご開帳しないそう。
これは観音堂(本堂)。

ここで、おみくじを引くと「大吉」。いいのか悪いのか。だって、次は「凶」でしょ?
「凶の時だけ、結びましょう」と書いてあったのは、おそろしく観光客が多いから。全部結んだら大変なことになりますよね。

実家に七五三の写真があって、それが隣の浅草神社だったとは!!
(こちらは、あさくさじんじゃ)
3歳だったから全然覚えてないけど。
[PR]
by umiusagin | 2007-07-26 21:37 | 病気のこと(小脳出血)

裏仲見世通り

f0131628_21265245.jpg近くまで来たから、
と看護士さんが寄ってくれました。

「初めの頃と較べたら、ほ〜んと雲泥の差ですね」
と何度も驚かれて。

入院中に訪れた友人は、
「再起不能だと思った」
と何度もいうくらい。

今の状態に回復しただけでもよかったと思わなくちゃね。








写真は、裏から見た「仲見世通り」。
意外とスッキリ? ペンキを塗ったばかりのような気も。
色目からしてペンキでなく柿渋かな。におわなかったけど。
来年の三社祭り、御神輿はどうするのかなあ。
[PR]
by umiusagin | 2007-07-25 21:49 | 病気のこと(小脳出血)

浅草 雷門 

f0131628_23192535.jpg
20日、親戚の新盆に、どうしてもお線香をあげたくて、電車に乗ったら、帰りに具合が悪くなってしまいました。やっぱりね。
でも、何日か横になっていれば良くなるから。

一度死んだと思えば…って、もう何度死んだ気になってるかわからないけど、それでもやっぱり生きていかなければ、と思います。

今日、ガッシュのパレット&色鉛筆をテーブルに運ぶ、までしました。
それは、昨日、留守電に、懐かしい人の声が入っていて元気が出たから。
(声の主は女性ですよ〜)
少しずつ、元の生活に戻っていかなければ、と思います。
[PR]
by umiusagin | 2007-07-24 23:38 | 病気のこと(小脳出血)

回復しつつあります

f0131628_2164025.jpg気温が上がり、また体調がよくなってきました。
こうやって、天気と共に一喜一憂していくのでしょう。
ご心配お掛けしてすみませんでした。

とはいえ、人のいるところでは緊張しているのか、帰宅すると壁にぶち当たっています。反動でしょう。
まだまだです。

少しですが、草刈りもできました。
鎌を持って、草の入ったバケツを持って、両手を使えることに感謝。
植物を相手に出来なくなったら、とてもツライでしょう。
絵は?…本来はそれが一番のはずなのですが。

トンビが増えたみたいです。カラスやツバメの巣立ちに気をとられていた間に、コドモが育ったのでしょう。時は雲のように流れていきます。
[PR]
by umiusagin | 2007-07-19 21:32 | 病気のこと(小脳出血)

るこう草が咲きました

f0131628_221375.jpg今日初めて咲いた「るこう草」(縷紅草)。
白い花もあって、クリスマスツリーのキャンドルライトのような、小さくて可愛い花です。
これをフェンスにまきつけていた家があって、ずっと憧れでした。

しかし、育ちすぎて束のようになっちゃう。
お陰で景色は見えないし、で昨年とってもらいました。(本来なら自分でやりますが、去年は外も歩けなかったので。と、言わないと、なんでもやってもらうオジョウサマみたいでしょ?)

今年もこぼれ種が育ちました。
ロクに土もないところなのに。
生命力旺盛みたい。繊細な雰囲気なんですけどね。

私も見た目、繊細な雰囲気ですが(ウソウソ)、昨夕から急に冷え込んで、身体が動かなくなり、夜9時台にgo to bed。
天気予報より正確な私の身体。喜ぶべきかどうか。

左半身にも軽い痺れがあり、不安で不安で。
実は何日か前から痺れていましたが、指も普通に動くし、問題ないかと思っていました。さかのぼれば、何年も前から痺れてたし。。

誰だって、明日何があるかわからない、と思っても、やはり気がかりです。
半身不随、寝たきりになってナン十年…嫌な想像ばかり考えてしまいます。

今日は一日横になって読書day。おかげで進む進む。
本も読めない時があったのだから、快方に向かっている、と思うべきでしょうか。
[PR]
by umiusagin | 2007-07-18 22:24 | 病気のこと(小脳出血)

通行止め

f0131628_21215910.jpg台風も通り過ぎ、ほっとしたも束の間、今度は大地震。
大地震に出合った人々のお気持ちを考えると、胸が痛みます。

地震は、或る日突然、格差社会もセレブも、金持ち貧乏に関係なく、平等に訪れます。

電車に乗らなきゃいい? 家にいればいい? その家が崩壊したら? 或いは流されたら?
考えても答えは出ないでしょう。

御滝不動への、いつもの道が通れませんでした。
昨日までの台風のせいで崖崩れ?
それだけで、”お水どうしよう”とうろたえる私たち。
なんとか教えてもらって、お水はいただけたんですけどね。

怖いことが続きます。
次は富士山噴火とか?…想像しただけでどうなるのかわからない。
[PR]
by umiusagin | 2007-07-16 21:53 | お水のもと