<   2008年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ご報告

f0131628_20512639.jpg3月29日付け朝日新聞赤いbeイラストの『和でリフレッシュ』連載が終了しました。
この5年間、途中で倒れたため交替、1年半休んで復帰、といろいろありました。
みなさまの暖かい励ましが力強い支えとなりました。
心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

まだまだ歩き方も変で、今日のように冷え込むと途端に調子悪くなりますが(例えば下を向いただけで眩暈がするとか)、これからは温度が上がる一方なので少しでも良くなるようにと願っています。

朝日新聞のイラストは終了しますが、全農エプロン誌『ベランダ菜園』は次回から復帰します。現在、本描き中です。
絵本(翻訳物なので絵だけ)はまだラフの段階ですが、秋には出版予定です。詳細はまたのちほど。
今後ともどうぞよろしく御見守りくださいませ。
[PR]
by umiusagin | 2008-03-30 21:14 | オシゴト関係

ライ麦パン

f0131628_10334481.jpg以前「ライフレーク」を買ったので、ライ麦粉を買う前に使ってしまおうと思いました。
(ライ麦粉、2日前に買いました。小袋ですが)

よく田舎パンなどの上に乗っているライ、「パンに混ぜてもいい」とあったのですが、届いてみると「湯を注ぎ一晩おく」とある!なんかめんどくさそう。
しかし、このままじゃ硬いんだろうなあ。

これは30g。1.5倍の湯を入れて置いておきます。

f0131628_1034485.jpg湯の分の水は考えないことにして小麦粉を足して焼きます。酵母は『ホシノ丹沢酵母パン種』。
ヨーグルトも入れたかったのですが、夕ごはんに使ってしまったので無し。

で、これがすご〜くおいしい!!今までの中で一番美味しい!味が深いんです。
フレークも形で残るかと思ったら全然ない。色が濃い目なのは砂糖がキビで茶色く、写真が暗いから。
[PR]
by umiusagin | 2008-03-28 10:49 | パン焼きの日々

読書日記3月2回目

f0131628_1738422.jpg
春うららですねえ。山々が色付いてきました。
色合いが海の中とよく似てるんです。可笑しいですね。
さて、今回の読書日記は…
+ + + + + + + + + + + + + +
『そんな食べ方じゃもったいない!』山本益博(青春出版社)2006年9月15日初版
表紙カバー★★★★
* 美味しいものは食べたい、でも緊張したくないなあ、と思っちゃいました。けど、この本は楽しめました。
『美味礼讃』(ブリア=サヴァランのでなく海老沢泰久著、辻調理学校の創始者辻静雄さんの伝記。読んだのはだいぶ前ですが、人に勧められて。私が読後差しあげた人も感動してました)の辻静雄さん、ジョエル・ロブション、ポール・ボキューズが出てきたり、そして内田榮一さん、永田基男さん、小野二郎さんとのエピソードも興味深く、まあ、著者の人が若干鼻につきますが面白いのでよしとしましょう。
日本料理の「分とく山」野崎洋光さん、「六法」のお寿司が懐しく思い出されました。こういう一人で来て端に座る男性っていますよね。でも一人では行かないなあ。友人とお喋りしながらの方が楽しいもの。そんな私は失格?

『トゥルー・ストーリーズ』ポール・オースター(新潮文庫)平成20年1月1日初版
表紙カバー★★★★★
* 偶然というにはあまりにも…というシンクロニシティを集めた話。フリーで働き続けると如何にビンボーかという身につまされるくだりもあります。今はベストセラー作家となり裕福なのかな?
f0131628_1739917.jpg
『星へ落ちる』金原ひとみ(集英社)
2007年12月10日初版 表紙カバー★★
* この人の本は芥川賞の『蛇にピアス』を読んでいたけれど、こちらの方が面白い。あちこちに書いたものをまとめたそうですが、登場人物は同じで主人公が変わっていくパターンになって、より楽しめました。しかし、お父さん(金原瑞人)の訳本をよく読んでいたのにねえ。オバサン、歳取っちゃうはずだわ〜、の世界。。

『あなたの呼吸が止まるまで』島本理生
(新潮社)2007年8月30日初版 
表紙カバー★★★★★
*83年生まれだからあわないかなあと懸念してたら、すご〜くよかった。
父が舞踏家でバツイチという設定もいいし、山で自給自足してるのって田中珉さんがモデルか、舞踏の世界も楽しめました。
親に言えない性的なイヤな事ってあったなあとざらついた気持も残り。
最初の頃、ふたり合わせるとサクラサクになるから、あとで出てくるかと思ってたけど、方向性が違ったみたい。
タイトルがもう少しストレートでもよかったかとは思うけど。タイトルつけるのって悩むんですよね、営業さんも関係してるし。
f0131628_17393147.jpg
『ブスのくせに!』姫野カオルコ(集英社文庫)2007年1月25日初版 表紙カバー★★★
* ルノー・ベルレーとかデビッド・キャシディなんて何十年も忘れていた、この人何年生まれ?プロフィールを見ると1958年、なあ〜んだ、同じじゃない!道理で。そうそう中3トリオも一緒なのよね。
視点が面白くて、クスッと笑うことしばしば。名前で敬遠してたけど、この人おかしい。カラッとしていてストレス解消にはもってこい。ファンになっちゃったもんね、とまで思ったけど、買う気はしないな。美容室で読む雑誌に載ってたら率先して読むって感じだけど、1冊丸々は辛い。それに、この先美容室には行かないかも。
本を買う意味・行為まで考えさせてくれて深い一冊でした。

『躁うつ病はここまでわかった』加藤忠史
(日本評論社)2007年8月20日初版
+ + + + + + + +
すご〜く沢山読んだつもりでしたが、数えてみると少なくてがっかり。花粉が飛散している間は読めると思います。
[PR]
by umiusagin | 2008-03-27 18:14 | 読書日記

サバイバーとの再会

f0131628_23443460.jpg
懐かしい人に、バッタリ会いました。
彼女も死の淵を彷徨った過去があり、謂わばサバイバー同士なんですね。
お互いに手を重ね、喜び合いました。
こんな瞬間は、生きていてよかったな〜と思います。
[PR]
by umiusagin | 2008-03-26 23:47 | 病気のこと(小脳出血)

50年梅干し

f0131628_2312379.jpg棚を替えたので、梅干しの甕を撮ってみました。

アメフラ氏が並べるとスカスカでいい感じ。私だとどうしても、あと一つ…とつめてしまうからギチギチになっちゃう。ビンボー症ですね。

50年梅干しを作るつもりで、一番古くて18年くらいかな。古いと水分が飛び乾燥して、塩が結晶化しています。味はまろやかだけど、ちとしょっぱ過ぎ。
なので、もう古漬けは作っていません。
今食べる分だけ。一昨年のと去年浸けたもの、一番右下の大きな甕だけど見にくいですね。
[PR]
by umiusagin | 2008-03-25 23:43 | 食について

カレー、カレー、カレー三昧

急に春の陽気であちこち花が開きだしたら、遂に、とうとう、昨日の朝、つーっと鼻水が出て、以来止まらなくなりました。勿論クシャミも出れば、目もかゆい。
今は、昨夜飲んだ薬がまだ効いていますが、ぼんやり気味。昼間は眠いし。
f0131628_22482928.jpg
某ブログに「毎日カレーを食べて、花粉症を治した」とあり、それによると1日3回無理なら2回食べればいいらしく、具材には関係なく、てことはスパイスのどれかに花粉症に効く要素が含まれているのでしょうか。
カレーなら食べられる!1日2回に挑戦するぞ!…と意気込んだモノの、そんなもの効くの?という心の声はあるとしても(アメフラ氏の声もある)、害じゃなし。
これまでだって、雑誌に「杉汁」が効くとあれば、杉の枝取ってきて煮出して飲んだし、乳製品断ち、ミント断ち、ホメオパシーの薬飲んだり、その他もろもろ。
ああ、藁をも掴む花粉症患者。必死の抵抗ですね。

「市販の固形カレールウで」とあるので、もしかして自分でスパイスを調合してはダメなのかしら?そこがキーポイントだったりして。
今日は遠出したので(治療ですよ)、昼は初めて入る「coco壱番カレー」で食べました。これはレトルトも出ているから市販品にまちがいない。
晩ごはんも勿論カレーです。ま、昨日の残りですがね。

ちょうど鶏挽肉があったので「キーマカレー」、「ブロッコリーのサブジ」を昨日から食べ続け、明日は「ジャガイモのカロンジー」、或いは「里芋のヨーグルト煮」、「チキンカレー」、レンコンがあるから「レンコンカレー」もできるな。
これで効くなら1日2回カレーだって全然okなんですけどね。そう簡単に行くかなあ。ま、信じるモノは救われるの精神でいきましょう!(裏切られてばかりですが)

3/25追補:大リーグのイチロー選手も朝から3食カレーだそうで、彼も花粉症?(笑
[PR]
by umiusagin | 2008-03-24 23:33 | 私の中のはやりもの

ムスカリが咲き始めました!

f0131628_22161629.jpgムスカリが花芽を出し始めました。
英名は「グレープ(ぶどう)ヒヤシンス」。ナルホド。グレープっぽいですね。
すご〜く小さい花なんですよ。

だいぶ前にフラワーガーデンのイラストを描いた時、いっぱい花名があるなか、ムスカリだけ知らなかったんです。今では普通なのにね。
でも、あまり好みではなかったので、一昨年初めて植えたんですよ。
今は好き嫌いより、色合わせ・形合わせの妙味の方が興味深い。花だけでなく何に対してもです。

それまではチューリップ型のしか知らなかったので、昨秋球根を植えてすぐに「リュウノヒゲ」みたいな葉が出てきた時には驚きました。
いつ花芽が出るのかと思っていたら、暖かくなって急に中央が盛り上がって来てちょっとSFチック。(奥の2つを見てくださいね)

手前のチューリップ型は、ラティフォリウム。2色咲きになるはずです。
奥のリュウノヒゲ型は、ブルースパイク。八重咲きだそうです。
さて、どうなるのでしょうか。
(写真は22日に撮りました)
[PR]
by umiusagin | 2008-03-23 22:37 | ガーデニング

14番目の月

f0131628_23113346.jpgまんまるお月さまに、まあるく虹がかかっていました。
満月は明日の晩なので、少し欠けているのでしょう。よくわからなかった。

明日は晴れるそうです。15度まで上がるといっていました。
昨日・今日と風が強くて、一昨日は雨が横殴りに降るし、家は揺れて壊れそう。
冬物はほとんど仕舞い、春夏物を干したというのに、冬に戻ったような寒さで、また調子悪くなっていましたから、取り敢えずよかったよかった。

こうやって段々暖かくなるんですね。
明日は桜(染井吉野)もほころびるかな。
[PR]
by umiusagin | 2008-03-21 23:27 | 晴ればれ日和

ぷっくりホワイト水仙

f0131628_2328797.jpg新しい水仙が咲き始めました。
中央がオフホワイト、昨年から咲いていたのとは違う品種で、きいろのcita citaよりあとから開きます。
昨年のはもう長い葉が茂るだけです。
次々楽しめて水仙リレーはまた美し、香りよし、です。
f0131628_23282799.jpg





中央の花の黒い斑点は土がはねたものだと思います。
右は蕾。うすい袋に包まれていて、可愛いですよねえ。

しかし、去年はこの水仙、生えてなかったような……もちろん植えてないですよ。
あるブログで、「こっそり球根を埋めに来る人がいるらしい」てなことが書かれていて、い〜な〜、うちにも来ないかなあ、と先月願ったことは確か。そのせい?
[PR]
by umiusagin | 2008-03-18 23:43 | ガーデニング

あんずの花

f0131628_22245386.jpg暑くて1枚ずつ脱いでTシャツ1枚に。いくらなんでも、それはおかしくない?
温度計を見ると室内22度!…うそーっ、まるで夏。なら窓を開ければ?っていわないで。花粉症なのです〜

花粉のおさまる夕方、外に行くと、あんず、スナックエンドウの花が咲き、ブルーベリーや薔薇も芽吹き、ワケギもニラもグングン伸びて、チューリップが大きくなっている!
去年の春、プランターに挿し木した薔薇やブルーベリーも芽吹き、庭はすっかり動き始めているではないですか!
一昨日とは全然違います。

メダカたちも冬眠から覚めつつあるみたい。まだぼんやりしているけれど。

しか〜し、ホトケノザ、ハコベなどの草が急にはびこり出して、このまま放って置けない〜!…そういえば去年もこうだったっけ。マスクかけてティッシユの箱持って、草むしりしたなあ。
今年は室内でもマスクしてるのに。あぁ、せっかくの日々の努力が水の泡だわ。でもこのまま1週間も放置できない。うー、悩む。。。。

ここのところ、夏野菜のたねや苗を検討中です。
欲しいものはたくさんあるけれど、そんなに土地はない。
草取りの時は限りなく広いのですがね〜

しかし、あんず、カカオのように幹に咲いているものが多いのですが、剪定がまちがっていたのでしょうか。う〜む、わからない。

追補:気持が先行してしまいましたが、果たして今の私に草むしりなんて出来るのでしょうか。まあ、1カ所にずっと座っているならなんとかなるかなあ。
えっ、去年は出来たのにって?…あの時は4月中旬だか下旬だったように思います。この1ヶ月の差が大きいんですよ、植物と違って。
[PR]
by umiusagin | 2008-03-15 22:51 | ガーデニング